2011年8月アーカイブ

礒江毅=グスタボ・イソエ マドリードの異才@練馬区立美術館

「礒江毅=グスタボ・イソエ マドリードの異才」を見るために練馬区立美術館へ。

110804.jpg

練馬ってなかなか行かないのですが、好評なこの展覧会見たさに出かけました。
それほど遠いわけでもないのですが馴染みがない土地は遠く感じる^^;

それでも中村橋駅前という好立地。
前日出かけた埼玉県立近代美術館もそうですが、駅を降りてすぐに公園と美術館があるってうらやましい!

110804c.jpg

礒江さんとは特に縁もないようですが、何故練馬で開催なのだろう・・?

110804b.jpg

作品は写実絵画なのですが、対象と構図のセンスがすごい。。
生と死を追求した静かな作品が続きます。

果物の静物画1つとってもただ瑞々しい果物を描いているわけでなく、しなび始めた部分にもスポットを当てるようなところがぐっときますね。

でも鳥やウサギの羽をむしったものはちょっと怖かった・・。
食料から目をそらしてはいけないんですけど・・。

同じような対象物を描いた作品が続いても、少しずつ視点が違っていてついつい見入ってしまいます。
80点ほどの展示ですが飽きることはありませんでした。

若くして亡くなったのは本当に惜しい。
勿体無い。。
病気になってから亡くなるまでの自画像なども迫る物があります。

区立美術館ということで小規模なイメージを持っていましたが、予想を裏切り見ごたえたっぷりの展覧会でした。

良い美術館だと思ったけれど、映像コーナーのテレビだけもう少し大きくして欲しい^^;
20インチ位でちょっと見づらかったです(><)


(2011.8.4)

タグ

2011年8月 6日

ruru (22:45)

カテゴリ:旅行・イベント

ブラティスラヴァ世界絵本原画展@うらわ美術館

うらわ美術館で開催中の「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」へ。
綺麗な浦和ロイヤルパインズホテルの3階にあるこじんまりとした美術館です。

110803d.jpg

絵本の原画展ということと夏休みと言うこともあってか会場内は子供たちだらけでしたが、人は少なく見やすい状態でした。

110803e.jpg

昨年千葉市美術館で見そびれていたので、埼玉県立近代美術館へ行ったついでに寄りました^^

ブラティスラヴァはスロヴァキアの首都。
東欧系の絵本は暗い色調の物が多く大人向けの印象がありますが、結構好きなんですよね。

絵本の展覧会なので絵本の展示がありつつ原画が飾られていて、比較して鑑賞できるのが楽しい!

スロヴァキアで開催されている絵本展と言っても応募は世界各国からあるので、アメリカなどの作家の作品もあれば日本の作家の物もあります。

芸術的で良いな、と思う作品も多々ありましたが、気に入ったのは高畠純『どうするどうするあなのなか』。
結局漫画チックな可愛い系か・・^^;

明快で愉快なストーリーとやや間抜けな表情のキャラクターたちが可愛いのです。
縦長絵本というのもおもしろいですね。


この展覧会の後半ではチェコの人形劇を紹介しています。
商用の人形劇も素敵ですが、家庭用の人形劇も素朴ながらかわいらしい。

そして影響を受けたということで川本喜八郎の人形も展示されていた!!
人形劇「三国志」世代なのでこれは嬉しかった♪
間近で見ると本当に素晴らしい人形です。

これだけでも見た甲斐があるというもの。
良かった・・。

110803f.jpg



(2011.8.3)

タグ

ruru (10:06)

カテゴリ:旅行・イベント

彫刻家エル・アナツイのアフリカ@埼玉県立近代美術館

埼玉県立近代美術館では「彫刻家エル・アナツイのアフリカ」が開催中です。

110803.jpg

エル・アナツイは、ガーナ出身・ナイジェリア在住の彫刻家。
アフリカの現代アートの展覧会へ出かけたのは初めてかも。。

110803b.jpg

古びた臼を使った木彫オブジェやレリーフなどは私の持つアフリカ的なイメージそのまま。
明るい色彩と素朴さが魅力です。

空き瓶の蓋などを使ったタペストリーの美しさは素晴らしいですね!
小さな組み立てはアートなど関係のない地元の若者たちが作っているのだとか。
映像が流れていましたがさながら工場のように黙々と若者たちが空き瓶の蓋をつなげていました。

結局はそのパーツをどうつなげるのか、どのように展示するのかというアナツイのセンスが素晴らしいのでしょう・・。
本当に美しい織物のようなのに、近づくと無機質で工業的な瓶の蓋だというのが面白い。

アフリカらしい民族的な要素を活かしながらも計算されつくした洗練さを感じさせられる作品たちでした。

この迫力は生で見ないと伝わないんじゃないかな~。

私は壮大なドラマが1枚のタペストリーに織り込まれているように感じた"大地の皮膚"と金色中心の淡い色彩がクリムトのような美しさだと思った"重力と恩籠"が気に入りました♪

夏休みなので宿題でしょうか。
子供たちがグループで鑑賞しているのをちらちら見かけましたが、人は少なくとてもゆっくり観ることができました。

埼玉県立近代美術館へ出かけたのは初めてでしたが、駅前に大きな公園があり、美術館があり・・と良いところです。

お天気が悪く(この後ゲリラ豪雨にあいました。。)綺麗な写真は撮れませんでしたが、彫刻や花も綺麗な公園でした!

110803c.jpg


(2011.8.3)

タグ

2011年8月 5日

ruru (23:44)

カテゴリ:旅行・イベント

このページの先頭へ