2011年9月アーカイブ

浅川伯教・巧兄弟の心と眼ー朝鮮時代の美@千葉市美術館

千葉市美術館では「浅川伯教・巧兄弟の心と眼ー朝鮮時代の美」が開催中です。

110928.jpg

千葉に縁のある浅川伯教(のりたか)・巧(たくみ)兄弟が愛した朝鮮半島の陶磁器や木工品の展覧会。

私は知らなかったので陶芸家なのかな~とかぼんやり思っていましたが、どちらかというと研究者・評論家ですね。

伯教自身の作品もありましたが、兄弟が収集した朝鮮の古陶磁器の展示がメインです。

朝鮮文化に魅せられて日本に紹介し続けたという兄弟。
柳宗悦らと民藝運動に影響を及ぼした人たちだそうです。

美しい白磁の作品が並びます。
兄弟で収集した作品たち以外にも、熱心に窯を周った記録、まとめあげた論文などの資料の展示も多数あります。

当時朝鮮の古陶器は評価されていなかったそうですが、素晴らしいものばかりで「何故?」って思います。

伯教の絵も良かったです。
可愛らしい優しいタッチで和む*^^*

一つ一つの作品に見入るのは勿論ですが、当時の時代背景の中での純粋な朝鮮文化への愛情に胸打たれました。
文化や個人の間には国境なんてないのに国レベルになるとどうして難しいことになるのか。。

しっかりと自分の目で見て考えることができた人たちだからこそ、誰も評価していなかった"美"に気付くことができたのでしょうね。

千葉市美術館は良い展覧会しますね!
駅から若干遠い(徒歩15分位)ですが、慣れればそれほどでもないです。

次回「酒井抱一と江戸琳派の全貌」もとて~も楽しみです♪


(2011.9.28)



タグ

2011年9月30日

ruru (23:54)

カテゴリ:旅行・イベント

華麗なる<京蒔絵>-三井家と象彦漆器ー@三井記念美術館

三井記念美術館では「華麗なる<京蒔絵>-三井家と象彦漆器ー」が開催中です。

一見入り口は都会的ですが、建物と美術館の内装はノスタルジックな雰囲気です。

110927.jpg

110927b.jpg

三井家と縁が深かったという京都の老舗漆器商象彦の作品展ですが、豪華豪華!のオンパレードです。

何しろ皇室に謙譲されたものなどもあり、それ以外の作品も三井財閥の方々が愛用されていたものなどなので豪華絢爛の贅沢品ばかりです。
三井鉱山で算出された水晶などの鉱石もふんだんに使用されています。

雅の世界とはこのことか・・と思い知らされますよ。

精緻な細工も本当に素晴らしい物ばかりです。
もっと顔を近づけて確かめたい衝動に駆られる作品ばかりなので、あちらこちらで硝子ケースに頭をぶつけている人がいました^^;
ついつい硝子の存在を忘れてしまうのですね。。

とにかく技巧が素晴らしすぎます!
日本の伝統文化万歳!と叫びたくなること間違いなし。
箱裏にまで広がる美しい世界。

どれも素晴らしいものばかりでしたが、私は展示室5の「精選ー象彦漆器の雅」コーナーが良かったです。


映像コーナーでは漆器の作成工程が流れていましたが、本当に手間のかかる職人芸術です。
ミュージアムショップにも象彦の商品が売られていましたが、やっぱりお値段それなりに・・。
いつか1つくらい手に入れてみたいです!

(2011.9.27)


タグ

ruru (23:25)

カテゴリ:旅行・イベント

美術に視る音色・大倉喜七郎と邦楽@大倉集古館

泉屋博古館とセットになるのはやっぱり大倉集古館です。
徒歩3分位でしょうか?
坂を下ってすぐ、ホテルオークラの隣です。

日本初の私立美術館だけあって趣がある建物。
日本の古い時代を思い起こすと言うよりは異国情緒があるような気もします。
(写真はかなり微妙ですが・・^^;)

110925g.jpg

こちらも最終日の「美術に視る音色・大倉喜七郎と邦楽」を鑑賞しました。

110925h.jpg

1階が「美術に視る音色」で2階が「大倉喜七郎と邦楽」の展示です。

まずは「美術に視る音色」。
こちらは目から得た情報により聴こえることはありませんか?というコンセプト。
面白いですね。

奏楽図などの楽器を演奏する姿を描いた絵巻や日本画など、いかにも音が聞こえてきそうな作品を展示してあります。

百鬼夜行図が2種類ほど展示されていて気になりました。
なんか好きです。
長い年月を経て物が魂を持つという考え方っていいなあと思います。
漫画的で観ていて面白いし。

2階の「大倉喜七郎と邦楽」は大倉財閥の2代目の大倉喜七郎が力を入れた音楽の話。
大倉喜七郎が開発した新楽器「オークラウロ」に関する展示でした。

知らなかったですが、「オークラウロ」というのは尺八とフルートを合わせた楽器なんだそうです。
これって有名な話なんでしょうか^^;

前知識無しに鑑賞したのでただただ「へえ~っ」って感じでした。
すみません。。

しかし楽器を作って楽団作って・・とお金持ちのすることは違うなあ。。
あ、でも明和電機さんも作っているか(笑)

「オークラウロ」が気になる人にとってはやはりここに一番資料があるでしょうから興味深い展示だったのではないでしょうか。

その後神谷町から帰ろうとしたものの道を間違えてしまい・・ついでに新橋駅まで歩いてしまいました^^;
途中の東京タワーです。

110925i.jpg

最近すっかり影が薄いけれどがんばれ、東京タワー!(笑)

(2011.9.25)


タグ

ruru (23:19)

カテゴリ:旅行・イベント

書斎の美術 明清の玉・硝子・金工を中心にー@泉屋博古館分館

目黒の庭園美術館松岡美術館から移動して泉屋博古館分館へ。

泉屋博古館の分館は六本木一丁目の駅前にあります。
エスカレータを登ってすぐ。
ひっそりとした佇まいなので気付きにくいでしょうか・・?迷っている人がいました^^;

110925e.jpg

この日は「書斎の美術 明清の玉・硝子・金工を中心にー」の最終日。

110925f.jpg

中国の明・清の時代に作られた工芸作品の中から書斎で愛玩されていたものを集めて展示しています。

こういう彫り物系の工芸品は私にとって垂涎もの・・小展覧会ながら本当に満喫です!!
精緻な技巧にはため息しか出てきません。
動物モチーフの工芸品なんかは可愛らしくて欲しくなってしまいますね。

作品は主に香炉や小瓶など。
本当に見ごたえがありました。

圧巻だったのは鼻煙壷(びえんこ)。
嗅ぎタバコの容器なんですが、小さな香水瓶のような素敵な小瓶です。

50点が一同に展示されているのですが、一つ一つ全く違うデザイン・技法で面白かったです。
硝子ケースにへばりつくようにして鑑賞^^;
でも他の人も皆そうだったので恥ずかしくありませんw

そういえば中国土産の小瓶を持っているけれどもしかして鼻煙壷じゃないかなあ・・。
ちょっと引っ張りだして見てみよう^^


(2011.9.25)


タグ

ruru (22:02)

カテゴリ:旅行・イベント

西洋絵画の人びと@松岡美術館

目黒へ行ったら庭園美術館&松岡美術館。
または目黒区美術館をセットにして観るのが定番。

110925c.jpg

この美術館は割りといつも空いていて一流の作品を静かに鑑賞できるので落ち着きます。
良い美術館なので行ったことがない人には是非行ってみて欲しいです!

「西洋絵画の人びと」を最終日に鑑賞。
もうこの日はぐるっとぱすの最終日周りです^^

110925d.jpg

この展覧会は所蔵の西洋絵画を"人"という視点で観てみようという趣向。

ルノアール、モネ、ピサロ、ピカソ、藤田嗣治などなど素晴らしい作家たちの"人"を描いた作品が並びます。

個人的にはシャガールが好きなので、5点もあって嬉しかったです♪

数人まばらに鑑賞している程度なので、好きな絵画をいくらでも鑑賞可能でした^^


もう1つの企画展「青のうつわ」は青磁中心の展覧会でした。
ほとんどが14~15世紀の中国の作品ですが、韓国・ベトナムのものもありました。
迫力の大皿やコミカルな絵付けが可愛い作品など見ていた楽しい展示。
小規模ながら見ごたえはありますよ。

小展覧会と常設展示の組み合わせですが、本当に良い作品があるのでお勧めです♪


(2011.9.25)


タグ

ruru (11:52)

カテゴリ:旅行・イベント

皇帝の愛したガラス 国立エルミタージュ美術館蔵@庭園美術館

庭園美術館の「皇帝の愛したガラス 国立エルミタージュ美術館蔵」へ行ってきました。
7月から開催していたのですが、ずるずると延びて結局最終日に滑り込みです^^;

110925.jpg

ツイッター情報などでは混んでいるような話でしたが、意外と空いていてゆったり鑑賞できました♪
お天気が良かったので庭を散策する人も多く穏やかな日でしたね~。

ヴェネチア・ボヘミアやヨーロッパ各地で制作されたガラスの芸術品たちの展示がアールデコ様式の庭園美術館に映えます。

ガラスは詳しくないせいか、古い物には芸術性をあまり感じない作品もありました。
この色を出すのに苦労したとか博物学的な価値を見るのでしょうか・・?
陶器などはそういう感想を持ったことはないのでそう思ったのですが、よくわかりません。

しかし時代が下ってくると精緻な細工や鮮やかな色彩などが出てきて感嘆させられます。
段々とゴージャスな展示に。
こってり装飾なんだけれど美しい。

まあ、やっぱり庭園美術館にはルネ・ラリックが似合います♪
花器「ルナリヤ」とか素敵でしたね。
この辺は安心して鑑賞できます。

意外と装飾ではなく形に目を奪われる物がありました。
2つ注ぎ口があったり(「カンティール」)、何種類ものお酒を入れるように中が分かれている容器とか面白かったです。

あとはビーズ刺繍がすごかった!
その名の通りビーズで刺繍した絵画作品なんですが、細かい細かい。。
遠めで見ると本当に絵のようで美しかったです。

11月からリニューアルのために閉館してしまう庭園美術館。
本当に素敵な美術館なので今のままでいて欲しいような変化に期待するような複雑な気持ちですが、どのようになるのか楽しみです!


110925b.jpg


(2011.9.25)


タグ

ruru (10:33)

カテゴリ:旅行・イベント

白骨温泉・乗鞍岳旅行②

乗鞍岳を下りる途中で三本滝へ。
"日本の滝百選"の1つらしいので是非にと私が希望したのですが・・。

入り口こんなん^^;

110829j.jpg

迷っていたら、山歩き風のおじさんが「ここだよ」と教えてくれました。
道が熊笹に覆われて見えない(TT)

掻き分けながら人気のない中突き進みます。

う~ん、ガイドブックを見る限りはてれっとした観光地のイメージだったのですが。
途中から遊歩道が現れて安心しましたが、意外とアップダウンがあってきつかった!

じめじめとして屋久島を思い出すような道のりです。
景色はいい感じ。

110829h.jpg

人気ないのが怖かったんですが、たま~に人とすれ違います。

そして到着。

110829i.jpg

山奥の見事な滝。
3種類の滝が同じ滝つぼに流れ落ちるのが魅力らしいですが、上手く撮影できず。
正面から眺められないので難しい。

休むところもないので、しばらく滝を鑑賞したら再び熊笹ロードへ。
野性味溢れる遊歩道。。
でも見に行った価値はあるかな。
マイナスイオンをたっぷり浴びることができました♪


しっかり動いてカロリー消費<<食事。
腹15分目位で毎食いただいていたのでしっかり体重増加して帰ってきました^^;

食事は信州サーモン・信州牛・信州蕎麦に山菜や岩魚など。
山の中なのにお刺身も美味しかった!

110829m.jpg

110829n.jpg

110829o.jpg


渋滞があって意外と往復に時間がかかりましたが、山も温泉も食事も満喫の良い旅でした^^


(2011.8.28~30)

タグ

2011年9月 4日

ruru (11:29)

カテゴリ:旅行・イベント旅行・お出かけ

白骨温泉・乗鞍岳旅行①

今年の夏の泊まり旅行はこれだけ。
長野県の白骨温泉へ行ってきました!
先月は日帰りで松本まで行きましたが、今回はゆっくり二泊三日です♪

白骨温泉では過去入浴剤投入騒動などもありましたが、今は問題ないということで。
というか気にしない*^^*
乳白色のお湯がウリの温泉です。

初めて行きましたが、山奥の秘境温泉というのがよくわかる。
かなりくねくねとスーパー林道を進みます。
それなりに旅館数もあるのですが、一軒ずつ離れているので本当に静かな山奥に来たという気分が味わえます。

泊まった旅館は白船グランドホテル。
白骨温泉の中では一番大きいホテルらしいですね。

110829k.jpg

それでも一般的には中規模ホテルでしょうか。
こじんまりとした落ち着くホテルでした。
清潔できれいなホテル。
お値段も安いしお風呂も料理も思った以上に良かった♪
ここはおススメ旅館です^^/

(高いだけ全てがイマイチな東京近場の温泉旅館には飽き飽きだ!!)
心の叫び。


観光としては宿の方に乗鞍岳を勧められたので行ってきました^^
乗鞍岳の畳平は、バスで登っていける日本最高地点だそうです。
標高2702m!
ただバスに乗っているだけでこの景色に到着。ラクラク~^^;

110829.jpg

110829b.jpg

110829c.jpg

雲の流れが早くて天候がコロコロ変わりましたが、ほどほどに涼しくて過ごしやすかったです。

110829d.jpg

残雪もありました。
それだけ登ったんだな~。

ここより上に登山するのでなければスニーカー程度で十分散策できます。
写真がイマイチですが、スイスと言っても通りそうなハイジの世界でしたよ~。
110829e.jpg

お花畑といわれる散策路で高山植物を観賞。

110829f.jpg

110829g.jpg

「雷鳥が出ました!」と言われて急いで向かったのですが出会えず(TT)
憧れの鳥だったのでこれは本当に悔しかった。。

でもその代わりに?野生の熊を見てしまった!!
バスの中からですぐに通り過ぎてしまったのでそれほど怖くなかったですが、山歩きしている人がたくさんいたのでちょっと心配でした。。
熊鈴つけている人が多かったけれど効果はあるのかなあ?

下調べ0で向かったのですが、ここは行くべきところでしたね。
白骨温泉から乗鞍高原観光センターバス乗り場まで車で30分弱。
そこからバスで50分で畳平です。

トレッキングしたい人ものんびり散策したい人もどちらもありな観光地でした!



(2011.8.28~30)


タグ

ruru (11:03)

カテゴリ:旅行・イベント

東京の交通100年博@江戸東京博物館

現在江戸東京博物館では『東京の交通100年博』が開催中です。

110826c.jpg

これは都営交通100周年記念の特別展。
電車好きの子供たちがわいわいいるのかと思いきや、昔の都電を懐かしがるご年配の方で溢れていました^^;

一応電車も置いてあったりして写真が撮れます。
こちらは室内にあったもの。

電車詳しくないので型についての記述はスルー^^;

110826d.jpg

外の駐車場にも展示があります。
周りのセットも雰囲気がある!

110826e.jpg

中からだとこんな景色。

110826f.jpg

これは除雪車のササラ電車。

110826g.jpg

本当は100周年を記念した都電の花列車が走る予定だったんだとか。
震災の影響で延期されているそうですが、計画中らしい。
電車好きでなくてもこれは是非見たいですね~。

展覧会は懐かしい雰囲気に溢れた昭和レトロ感×鉄道の展示でした。
熱く鉄道を語っている高校生たちがほほえましかったです^^

私はあまり鉄道には興味がなく、友の会会員だからという軽い気持ちで見に行ったのですが、風俗的な視点でしっかり楽しめました。


(2011.8.25)

タグ

2011年9月 3日

ruru (23:25)

カテゴリ:旅行・イベント

空海と密教美術展@東京国立博物館

東京国立博物館で開催中の『空海と密教美術展』へ行ってきました。
激混みの噂があったので躊躇していたものの、パスポートの期限が8月末で切れるので気合で向かいました!

110826.jpg
(ちょっと自転車が気になりますが、これしか写真撮らなかったので^^;)

予想通り平日にも関わらずそれなりに混雑していました。
二重三重になってのろのろ進むイメージです。
土日なら諦めもつくけれど平日にこれはちょっと・・。

前半の書などはなかなかしっかり見れず。。
後ろの方からさらっと鑑賞しました。
それでも後半の仏像などになると、鑑賞しやすくなってきます。

何と言っても最後の仏教曼荼羅が見ごたえありますね!
話題になっていた"帝釈天騎象像"は本当に格好良いし♪
(ちなみに上ポスターの左下です)

この空間には飽きずにい続けることができます。
でもやっぱり人に押されて退場^^;

9月25日まで開催ですが、9月も混むのかな~。
これからお出かけの方は覚悟が必要かもしれないですよ。


本館1階では『~100年前の中国と日本~孫文と梅屋庄吉』展が開催中。

110826b.jpg

梅屋庄吉は香港で成功した実業家らしいです。
その関係もあって孫文を援助したんだとか。
その梅屋家に残る写真などが公開されています。

"誰も見ていない写真"と副題にあるのは上手いですね。
プライベートな写真ばかりなのですが、孫文他中国の革命家たちがたくさん写っている歴史写真ばかりです。

その後の日中関係を思うと複雑なものはありますが、興味深い展示でした。

梅屋家の写真以外にも当時の風俗などがわかる写真の展示などもあって面白いです。
明日で終わりですが、空海だけでなく是非こちらも見てみてください^^


(2011.8.25)

タグ

ruru (23:11)

カテゴリ:旅行・イベント

かこさとしの世界@鎌倉文学館

鎌倉人の友人にお誘いを受けて鎌倉文学館へ。
夏休みに合わせて「かこさとしの世界」が開催中です。

110821.jpg

大好きだった絵本作家さん。
"三つ子の魂百まで"ではないですが、子供の頃刷り込まれたイメージは大人になった今でも健在。
無条件に胸躍る存在です^^

自分は馬場のぼると言いかこさとしと言い、かわいらしいキャラ系絵本が好きなんだな~^^;
「だるまちゃんとてんぐちゃん」「からすのパンやさん」などが好き。
特にからす。。

鎌倉文学館の庭の木ではからすのパン屋さんが開店中でした♪

110821d.jpg

ママン。

110821e.jpg

しかしこういった可愛らしい絵本のコーナーだけで終わらないのがかこさん。
東京大学工学部卒業という異色の経歴を持つかこさんは、数多くの知的絵本を発行しています。

とは言え私はあまり見たことがなかったのですが、展示されている作品を見るととても面白そう!
「もう絵本じゃないだろっ」ってくらいたっぷり文字入りのお勉強絵本ですが、大人でもつい見入ってしまいます。
「へえ~知らな~い」と恥ずかしく思えること請け合いです^^;

テーマは生物だったり宇宙だったりと多岐に渡っています。
算数本なんかもありました。

こじんまりとした展示ですが、貴重な原画を見ることもできるし、かこさんの世界観をしっかり満喫できます。
裏紙を使った描画がリアル。。

旧前田侯爵家の別邸だったという鎌倉文学館の建物を楽しむのも良いのではないでしょうか。
雰囲気ありますよ。

110821b.jpg

110821c.jpg

110821f.jpg



その後鎌倉国宝館で『仏像入門~ミホトケをヒモトケ!』を鑑賞。

110821g.jpg

こちらも夏休みの子供向け企画のようで、仏像の特徴をわかりやすく説明してあって良かったです。
説明してくれる微妙なキャラが気になったけど^^;
夏休みのレポートなどにぴったりだったのでは?

観光地でもある鶴岡八幡宮の中にあるのに、ひっそりとして静かなところでした。
涼しい中でゆっくりできます。

8月で企画は終わってしまい、現在は『国宝 鶴岡八幡宮古神宝』が開催中です。


(2011.8.21)

タグ

ruru (01:24)

カテゴリ:旅行・イベント

女子バレーボールワールドグランプリ2011

すっかりブログの更新をさぼってしまい・・。
今更の話題ですが、一応写真を整理してあったので載せます^^;

8月20日有明コロシアムでの女子バレーボールワールドグランプリ2011・日韓戦へ行ってきました!
その後の結果が既にわかっているので何なんですが・・当日は快勝!ストレート勝ち!大盛り上がりの試合でした^^
思ったよりは接戦でしたが、日本代表の調子は良かったです。

110820.jpg

110820b.jpg

110820c.jpg

110820d.jpg

110820e.jpg

今年もメダルを期待していましたが・・残念。
今後の活躍に期待です♪


(2011.8.20)

タグ

ruru (00:33)

カテゴリ:旅行・イベント

このページの先頭へ