2012年1月アーカイブ

大相撲一月場所@両国国技館・平清盛展@江戸東京博物館

把瑠都優勝おめでとう!!

・・・一月場所はもう終わってしまいましたが、今更観戦の写真アップです。。

私が行ったのは1月16日の9日目。
その頃は把瑠都と白鵬が全勝中でなかなかの盛り上がりでした。

帰りには太鼓が鳴らされる櫓。
力士名の幟には後援者の名前なども。

120116.jpg

相撲ファンサービスでしょうか。
先着順で日替わりの親方、ゆるキャラひよの山と写真が撮れるようです。

120116b.jpg

色々問題が指摘されてきた相撲界ですが、実際に国技館へ行けば相撲ファンが溢れていて、やっぱり人気の国技なんだな~と思います。
全盛期は毎日満員御礼だったのでしょうか。
平日だったので2階などは空席が多かったですが、熱心な声援も多く熱気がありました♪

120116r.jpg

体の大きな力士たちがガツガツぶつかり合う迫力は生で見ると興奮しますです。
親方たちも忙しそうにあれこれ仕事をしていて大変そう。
テレビやらで騒がれている問題なんて本当にあるのかなって思ってしまう位まじめそうな世界なんだけどなあ・・。
まあ表側から見ても見えないのかもしれないですが。


当日の中入後の取組。

120116c.jpg

土俵入り^^

120116d.jpg

120116e.jpg

120116f.jpg

最後に重々しく横綱の土俵入り。

120116g.jpg

やはり格好良いです!別格という感じ。
横綱が白鵬一人なんて寂しい。。

120116h.jpg

天井近くには歴代優勝力士の額が飾ってあるのですが、白鵬記念館のようでした^^;
他の力士にも頑張って欲しいと思っていたので、今回把瑠都が優勝したのは良かったです!

日本人力士に優勝して欲しい気持ちはあるけれど、異国へ来て古いしきたりに沿って頑張っている外国人力士も応援したい♪

その把瑠都の一戦。
でかいです(゜ロ゜)

120116i.jpg

突き出しで把瑠都。

120116j.jpg

こちらは高さはもっとある琴欧洲と日馬富士の取組。

120116k.jpg

押し出しで日馬富士。

120116l.jpg

望遠レンズで覗いていても、モンゴル人と日本人って本当に区別がつかない^^;
同じモンゴロイドだって笑っちゃう位骨身にしみる(笑)
お隣の国ってわけじゃないけれど、すご~く近くに感じます。

不景気なのか懸賞幕はあまりなかったのですが、さすがに白鵬戦になるとずらずらと登場。
まあ2周位だったので少ないといえば少ないかな。
前はもっとあったような気がするし^^;

お年寄りとか絶対テレビで見てるんだから、もっと懸賞出してもいいと思うんだけど。

120116m.jpg

なんだか気になるゆこゆこ。。

横綱白鵬が出てくれば盛り上がって、そりゃあ熱気もムンムンです。

120116n.jpg

迫力の相撲。
この日は豊ノ島戦。

120116o.jpg

押し出しで白鵬。

120116p.jpg

この日はまだ白鵬は白星を増やしていたんだけどなあ。

最後は弓取り式です。
色々と儀式めいたことがあるのも相撲の面白いところ。

120116q.jpg

やっぱり相撲はただのスポーツと言い切れないものがありますね。
日本人なら一度は見て欲しい。
修学旅行とかで必ず観るようにすればいいのに。
来ているところもあるのかもしれませんね。

私の相撲観戦はまだ2,3回目。
国技館は結構近いのでもっと観に行きたいな*^^*



この日は隣の江戸東京博物館で開催中の「平清盛展」にも寄りました。
大河は見ていないのだけど、江戸博は会員だしね。

120116s.jpg

清盛縁の書物や美術工芸品などの展示です。

見所はやはり国宝「平家納経」です!!
とても美しい。。

それと、本当なの?って思ったけれど源為朝のものと言われている鎧。
これは本当なのかなあ?本当だったらすごい。鎧自体も見ごたえあります!

清盛直筆の書などもあって・・よくも残っているものです。
源もたった三代だったけれど、平家は一代。
そう考えると清盛個人の力を感じることができます。

しかし厳島神社には随分貴重な品があったのだなあ・・。
実は未だに行った事がなく知識が乏しかった私。
源平への興味も薄かった江戸時代っ子^^;

展示パネルが"平家ニュース"!などとなっていて、テレビ番組の「世紀のワイドショー!ザ・今夜はヒストリー」みたいだった気がする・・。
わかりやすかったですが。

私が行った日は驚くほど空いていました。
もしかして月曜日はお休みだと思っている人が多かったのかも。
展覧会は2月5日までです。

一応録画はしている大河ドラマ、見てみようかな。
一年間見なくてはいけないのが面倒でなかなか見ないんですよね。
ダイジェストでいいって話も(ボソッ


タグ

2012年1月23日

ruru (21:31)

カテゴリ:旅行・イベント

新春浅草歌舞伎@浅草公会堂

お正月恒例の新春浅草歌舞伎。
今年は4日に第2部を、13日に第1部を観に行きました。

昨年は2日に行ったので浅草寺周辺は激混みでしたが、4日になると大分落ち着いていますね。
無事浅草寺でお参りすることができました。

120104.jpg

三が日だと詰まっていて動かない辺りものろのろ進んでいます。

120104b.jpg

ああ、お正月っぽい(笑)

120104c.jpg

浅草の町をぶらぶらしてから浅草公会堂へ。

120104d.jpg

今年の演目は、第1部が「南総里見八犬伝」と「廓文章」、第2部が「敵討天下茶屋聚」です。
猿之助襲名を控えた亀治郎は今年で最後。残念。。

「南総里見八犬伝」は、お正月らしい華やかさがあって良いかも。
八房がブチ犬でポチって感じだったのには笑いましたが^^;

この浅草では、亀治郎の存在感が半端ない。
客席の空気をつかんで盛り上げてくれていました*^^*
出てくるだけで笑いが起きたり。

壱太郎の女形は初々しいなあ。。
色気はあまりないけれど、可愛らしさがある。

「廓文章」は愛之助の独壇場。
愛之助ファンにはたまらないんじゃないでしょうか。
話の内容としては、放蕩息子の甘えっぷりになんじゃそりゃって感じですけどね。

第2部の「敵討天下茶屋聚」はなんだか記憶も新しい演目なんだけど・・と思ったら去年の五月大歌舞伎で観てました。
亀治郎バージョンは随分笑いありの喜劇風でした。
同じ演目でも役者によって全く違うっていうのが舞台の面白さです。

この新春浅草歌舞伎、今後は平成生まれの若手中心でやっていくのでしょうか。
亀ちゃんいなくなったら来年からはどうしようかな~。
でもお正月に浅草っていうのが雰囲気あって良いからなあ・・・悩むところです。


浅草神社の方は4日も長蛇の列だったので、13日に改めてお参りしました。

120113f.jpg

立派な狛犬。
存在感抜群。

120113.jpg

もっふりした可愛い狛犬もいました♪

120113b.jpg

屋根の上にも・・(゚∀゚)(゚∀゚)!!

120113c.jpg

見たら撮らずにはいられないスカイツリー。

120113d.jpg

常に観光客で賑わっている雷門も夜になれば静けさを取り戻します。

120113e.jpg

ブログを書くのが随分遅くなったけれど、私の新年は箱根駅伝とこの浅草から始まるのです^^v


(2012.1.4&1.13)


タグ

ruru (20:35)

カテゴリ:旅行・イベント

沖縄旅行4

沖縄と言えば海。
真冬とは言えやはり海!

こちらは東京第一ホテル沖縄グランドリゾートホテルからの朝日。

okinawa29.jpg

移動して・・ホテル日航アリビラの夕日。(ただし曇り)

okinawa38.jpg


ホテルのテラスにずっといたイソヒヨドリ。
可愛い声で鳴く可愛いヤツ。

okinawa30.jpg

こちらも「沖縄 青い鳥」でググって判明。
しかし!これまた全く珍しくないらしく・・・沖縄特有かと思って調べると一般的というオチが続きます。。
単に物を知らないだけ^^;


最近の沖縄本島観光には欠かせないのではないでしょうか?
ちゅら海水族館へも行きました!

okinawa31.jpg

にょろにょろ。
ではなく、チンアナゴ。
でも多分皆にょろにょろって呼んでると思う(^∇^)

okinawa32.jpg

これが噂の大型水槽。
ダイナミック!

okinawa33.jpg

ジンベエザメとか。

okinawa34.jpg

マンタとか。

okinawa35.jpg

あとなんだっけ・・アジ・・?

okinawa36.jpg

人が多くてなかなかベストショット狙えず。
何時間見ても飽きない感じでした♪
大人でも子供でも楽しめます!


今回の沖縄は、クリスマスから年末にかけてののんびり旅行。
充実した時間を過ごすことができました。


お土産はこんなん。
沖縄関係なし(・ω・)b

okinawa39.jpg

全て手作りです。
久しぶりにあみぐるみがやりたくなりました♪


(2011.12.23.~30)


タグ

ruru (20:00)

カテゴリ:旅行・イベント

沖縄旅行3

那覇も4日目滞在で飽きてきた頃、現地の友達と合流して移動の旅へ。

まずは、地元の人にはつまらないと言われたものの、個人的にとても見たかった識名園へ連れて行ってもらいました^^

okinawa22.jpg

識名園は琉球王の別邸です。
"回遊式庭園"ですが、やはり内地のモノとはどこか違う。。
植物が南国風だし、建物は大陸風です。

okinawa19.jpg

六角堂。

okinawa20.jpg

御殿。
"ごてん"じゃなくて"うどぅん"。
沖縄の読みは難しい(><)

okinawa21.jpg

中に上がることができました。
風通しが良くて爽やかな屋敷です。
ただ復元が新しいのか中はぴかぴかの新築のようだったので歴史を感じるには物足りずでした^^;
でも古いものがないというのが沖縄の歴史の"真実"とも言えますね。。

公園という感じなので刺激的ではないかもしれないけれど、静かでとても落ち着くところでした。


その後南下してニライ橋カナイ橋を通って斎場御嶽(せーふぁうたき)へ。
ニライは「根の方」、カナイは「彼方」で祖霊神が生まれる場所だとか。
不思議な形をした橋で景色がとても良い橋でした!

斎場御嶽は、これまた神聖な「聖地」。

okinawa23.jpg

寄満(ユインチ)=台所?
厳かな空気感が漂う石段です。
上の木の雰囲気がラピュタみたい。

okinawa24.jpg

お水が湧き出る岩。

okinawa25.jpg

そしてガイドブックでの斎場御嶽の写真と言えばこの三庫理(さんぐーい)。
三角形の洞門の先は拝み場になっています。

okinawa26.jpg

溝は排水溝らしいです。
うーん興味深い。

この斎場御嶽は小高い丘というか森のような中にあって、途中の道からは海と久高島を望めます。

okinawa27.jpg

うぶな蝶々がいて、じっとしていたのでビギナーの私でも写真に収めることができました。
ググってみたけど、アオスジアゲハかなあ・・?
これまたあまり珍しくはないらしい。残念。

okinawa28.jpg


静かな王様の別邸や神聖な聖地を回って、この日は心穏やかな観光をしました*^^*

更に沖縄旅行は続く。
(2011.12.23~30)



タグ

2012年1月20日

ruru (01:50)

カテゴリ:旅行・イベント

沖縄旅行2

世の中はクリスマスだという12月25日。
私の2011年のクリスマスは那覇にて、これまたベタに国際通りをぶらぶら。

道端のキティ。


okinawa37.jpg

およそ沖縄とは関係のない雑貨などを買い物しつつやちむん通りへ。
やちむん=やきもの。
壷屋焼の博物館やお店が並ぶ焼き物通りです。

まずは博物館へ。

okinawa12.jpg

こんなんとか。

okinawa13.jpg

こんなんとか。。
迫力があって魅力的なシーサーたちに会えました。

okinawa14.jpg

この造形も荒々しさと迫力があってすごい壷です。
こんな焼き物沖縄ならではでしょう。

okinawa15.jpg

下は人間国宝金城次郎作だったと思うのですが。
力強さと温かさのある焼き物です。

okinawa16.jpg

海をモチーフとしているのも沖縄らしいですねえ。

外へ出てやちむん通りをぶらぶら。
右も左も壷屋焼きのお店ばかりが並んでいて飽きません。

クリスマス仕様のシーサーが店先に飾ってありました。
かわいい*^^*

okinawa17.jpg

通りの最後にはまたまたシーサー。

okinawa18.jpg

ぐるぐる見た中で私のハートを射止めたのは小橋川明史さんの作品。
これははまった!
赤絵のいかにも壷屋焼きという力強い焼き物。
お父様とお兄様も有名な陶芸家らしいですが、私は明史さんのが良いと思ったなあ。。

迷いに迷って買わずじまいだったけれど、次は絶対買う。
というか揃えたい♪

(こんな感じの作品↓↓)


ネットでも売っているのでクリックしちゃいそうだけど・・やっぱり見て気に入った作品を買おう。
・・次に沖縄に行くまで我慢できるかな?(笑)


沖縄旅行はまだ続く。
(2011.12.23~30)


タグ

ruru (01:12)

カテゴリ:旅行・イベント

沖縄旅行1

ちょっと今更ですが、年末の沖縄旅行の写真をアップ。
12月23日から30日まで、7泊8日の旅でした♪

okinawa00.jpg
(一緒に行った友達の沖縄の友達からいただいたペアシーサー)

石垣島・西表島などの離島は行ったことがあるけれど、本島は初めて。
なのでまずはベタに首里城へ。
ゆいレールを利用して、首里駅から徒歩15分くらい。

それほど大規模でないとの前情報を散々もらっていたからか、十分立派な印象。
建物も庭の造りも何となく大陸の雰囲気があります!

どこも復元ばかりですが、それなりに歴史を感じる趣がありました^^

久慶門。

okinawa01.jpg

歓会門。

okinawa08.jpg


内地とは明らかに違う狛犬。(獅子??)

okinawa03.jpg


広場までは無料で入ることができます。

okinawa04.jpg

丁度琉球舞踊の上演時間だったので鑑賞しました。
これも無料。

okinawa06.jpg

衣装が沖縄っぽくてとても素敵です♪
音楽もやはり独特。。

okinawa07.jpg

国内で沖縄ほど文化が違うところはないかも。
おもしろい!

ココから先は入場料が必要でした。
正殿は中まで見ることができます。


okinawa02.jpg


可愛らしい獅子がたくさんいてテンションが上がる私・・(ノ^ω^)ノ↑↑↑
okinawa09.jpg

こちらは瑞泉門。
真冬ですが、観光客がたくさんいました。

okinawa05.jpg


冊封使を接待したという龍潭と弁天堂のある円鑑池には不思議な鳥がわさわさと・・。

okinawa10.jpg

あひるのような・・?
にわとりのような・・?
鴨のような・・?

黒いような白いような緑のような灰色のような・・?

okinawa11.jpg

ググって判明した鳥の名はバリケン。
皆さん不思議に思って調べるらしく、「首里城 変な鳥」で検索すればすぐに判明します(笑)

沖縄独特の鳥かと思って写真をたくさん撮りましたが、単なる家禽(かきん)であちらこちらにいるそうです。
なんだか目が離せない・・気になる存在感をかもし出している可愛いやつらでした*^^*

こんなサイトも見つけました。
バリケン情報サイト「バリコレ」。
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/qa2-baricol.html

全国のバリケン情報がまとめられています。
興味を持った人は是非見てみましょう♪

沖縄旅行は続く。
(2011.12.23~30)

タグ

ruru (00:42)

カテゴリ:旅行・イベント

このページの先頭へ