2013年10月アーカイブ

伊勢神宮3.内宮~猿田彦神社~伊藤小波美術館~他

翌日は早朝から再び内宮へ。
あいにくの雨でしたが、人も少なく厳かな雰囲気を味わうことができて最高でした!


130910e.jpg

130910f.jpg

130910g.jpg


その後猿田彦神社へ。
八方除のご神徳にちなんだ鳥居や柱など何もかもが八角形の不思議な神社です。


130910h.jpg

130910i.jpg

130910j.jpg


裏には伊勢神宮にお供えするお米を育てる御神田があります。


130910k.jpg


お米に限らず伊勢神宮にお供えするものや神殿の建材などは全て伊勢で揃えられるようになっているんだとか。
伊勢という土地は本当に神宮のための土地なのだと実感。
地元の人は誇りだろうなあ。


近くには猿田彦神社の宮司の家柄に生まれた日本画家伊藤小波の美術館があります。
竹内栖鳳門下に納得。
柔らかく女性らしい作品ばかりで落ち着きある美術館でした。


130910l.jpg


別宮の倭姫宮にも寄りました。
こちらも人が少なくとても静かな神宮でした。


130910.jpg

130910b.jpg


伊勢旅行最後は徴古館、農業館、美術館と施設巡りをしました。
興味のある人しかいないので空いています♪


130910c.jpg


意外と面白かったのが農業館。
昔の農機具や品種改良など・・日本の農業の歴史が学べます。
こう書くと地味ですが、とても興味深い展示物がたくさんあるのです。


もちろん徴古館の歴史的資料や美術館の絵画や工芸品も見ごたえがありました。


宇治山田駅で食べた開きえびフライのカレー。
開かれたエビフライを初めて見ました。


130910d.jpg


1泊2日の伊勢旅行。
2日もあれば随分のんびりできました。
日帰りでも良かったかも・・?

(2013.9.10)

タグ

2013年10月22日

ruru (00:53)

カテゴリ:旅行・イベント旅行・お出かけ

伊勢神宮2.内宮~おかげ横丁

外宮からバスで皇大神宮(内宮)へ。
バスはたくさん出ています。

こちらも観光客で溢れていました。

130909x1.jpg


伊勢神宮といえばこちらの宇治橋。


130909x2.jpg


五十鈴川御手洗場。
参拝前に心身を清めるための場所です。

130909x3.jpg


正宮は階段上にありました。


130909x4.jpg


お隣では新しい正宮を建設中。

130909x5.jpg


観光客のお楽しみ、おかげ横丁。
お土産やさんや食事どころが数十件軒を連ねています。


130909x6.jpg


外観を統一して懐かしい日本を演出しています。
コンビニのファミリーマートもこんな感じ。

130909x7.jpg


横を流れる五十鈴川が美しい。


130909x8.jpg


主人の代わりに犬がお参りしたという話がある伊勢神宮。
おかげ犬グッズ屋さんにはとても可愛い犬グッズがたくさん売られていました♪


130909x9.jpg

おかげ犬についての読書感想→『犬の伊勢参り』


日本神話を紹介する「おかげ座」が良かったです。
日本の成り立ちについての人形劇&アニメを体験できます。
30分位かかりますが、予想よりも面白かった!
人形好きなので人形の展示も良かったし。

買い物も良いけれど、折角なのでおススメです。

(2013.9.9)

タグ

2013年10月21日

ruru (20:21)

カテゴリ:旅行・イベント旅行・お出かけ

伊勢神宮1.外宮

20年に一度の式年遷宮前に伊勢神宮へ。
未だに行ったことがなかったので良い機会になりました。

伊勢市駅からまずは豊受大神宮(外宮)へ。

130909.jpg

130909k.jpg

130909b.jpg


観光客で人の波なのは我慢。
鳥居も神殿も新旧混在していて味わい深い。


130909c.jpg

130909d.jpg

130909e.jpg

130909f.jpg


工事も終盤か。

130909g.jpg


別宮も周り・・。


130909h.jpg


勾玉池。


130909i.jpg


式年遷宮記念で建てられたせんぐう館。
立派な休憩所がありました。

130909j.jpg


江戸時代好きとして大いに興味があった伊勢参り。
それ以前に日本人として一度は訪れたかったので思い切って出かけて良かったです。

老若男女様々な人が中央を歩かず、鳥居に礼をしてと作法を守ってお参りしている姿を見て何だか不思議な気持ちになりました。
普段それほど信心深くなくとも心のどこかに敬意を持っている日本人らしさが何だか良いなあ。


(2013.9.9)

タグ

2013年10月20日

ruru (10:26)

カテゴリ:旅行・イベント旅行・お出かけ

2013ナビスコカップ準決勝 横浜F・マリノスvs柏レイソル@ニッパツ三ツ沢球技場

10月3連休初日はサッカー観戦。

2013ナビスコカップ準決勝 横浜F・マリノスvs柏レイソル@ニッパツ三ツ沢球技場です!

天気はピーカン♪
10月とは思えない暑さ。


131012.jpg

131012b.jpg


屋根のないニッパツ三ツ沢球技場に照りつける太陽。

選手も汗だくだけど、観客も汗だくです^^;


131012c.jpg

131012d.jpg


病み上がりもなんのそのの熱い応援でくたくたになったけれど、無事マリノスが勝利です。

131012e.jpg


しかし2013年ナビスコカップ決勝には進めず。
残念!

(2013.10.12)

タグ

2013年10月16日

ruru (19:06)

カテゴリ:旅行・イベントスポーツ観戦

宝塚歌劇 月組公演『ルパン』@東京宝塚劇場

東京宝塚劇場の月組公演へ。

最近舞台で別格に歌が巧い人がいるなあと思うと必ず宝塚出身の方なので、一度宝塚劇場に行ってみたいと考えていたのです。
丁度貸切公演の追加販売があったので即買いして出かけてきました♪

専用劇場で観るのは初めて!
東京宝塚劇場は日比谷シャンテの前にあります。


131003b.jpg


劇場の中には赤絨毯敷きの階段とシャンデリアが。

131003c.jpg

131003d.jpg


今回の演目は『ルパン』。
原作は昨年発表された『ルパン最後の恋』です。


131003e.jpg


丁度読書の記憶も新しいので、ストーリーは完璧。
でも登場人物は男が多いし結構泥臭いストーリーだったのでどういう演出になるのかと疑問でした。

観てみれば納得。
綺麗に宝塚歌劇にまとまっていました。

そもそも宝塚はやはり男役の世界なのですね。。

トップスターありき、男役ありきの華やかさ。

華やかなドレスではなく煌びやかなスーツ。


今の月組のトップスターは龍真咲さん。

迫力の歌声で素晴らしかったです。

若い女の子のはずなのにとても格好良い(*´∀`*)


無知なので役者さんのことは全くわからないですが、目立つ役の人がやはりトップクラスの人なのでしょう。
ソロがあるのは舞台上でもかなり限りある人数。

中でもおお、この人巧い!って方いましたね。
次のトップスターなのかも。
振り返るとどの役の誰だったのか覚えておらず情けない話。

凄まじい競争社会があるんだろうなあ。

時間構成はこんな感じでした。

131003f.jpg


後半はレヴュー。

これがまた華やかで素敵でした。

きらきら☆☆ぴかぴか☆☆

気分が揚がります↑↑↑↑

パワーがもらえて多少の落ち込みなんて即効回復しそう。


鍛え抜かれたプロのショーが3500円とは激安だなあ。(※一番安い席)

うーん、なんかはまりそう。

早速12月の公演チケ買ってしまった^^;

まだどの組が良いかもわからないので適当に通ってみたいと思います。


(2013.10.3)


タグ

2013年10月11日

ruru (23:41)

カテゴリ:旅行・イベントコンサート・芸術鑑賞

仙厓と禅の世界@出光美術館

東京の出光美術館では毎年恒例の仙厓展が開催中です。


131003.jpg


江戸時代後期の禅僧仙厓の禅画を中心に一休さんゆかりのコレクションや出光美術館ならではの陶器などが展示されていました。


親しみやすい絵柄にわかりやすい禅の教えが添えられていて、説教くさく感じることなく教えを受け入れることができます。

人や動物、時には偉人の間の抜けた表情や筆遣いの抜け感にふんわりとやわらかい気持ちになること間違いなし。


私が一番気に入ったのは《老人画賛》。
死ぬ時がくれば死ぬし、死に損なったら猶良いじゃないか・・といった内容の賛が書かれていました。
自然に死を受け入れて楽しんで生きていこうってことかと解釈したのですが。

力を抜いて在りのままに・・禅の世界って良いなあと改めて感じることができる展覧会です。


「仙厓と禅の世界」
■会場:出光美術館(東京都千代田区)
■会期:2013年9月21日(土)~ 11月4日(月・休)
■休館日:月曜日
■開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで) 毎週金曜日は午後7時まで(入館は午後6時30分まで)


タグ

このページの先頭へ