2014年3月アーカイブ

スーパー歌舞伎Ⅱ空ヲ刻ムー若き仏師の物語ー@新橋演舞場

3月の歌舞伎は新橋演舞場「スーパー歌舞伎Ⅱ空ヲ刻ムー若き仏師の物語ー」へ。
四代目猿之助襲名後初の新作はスーパー歌舞伎というのがらしいところ。

不安と期待入り混じりつつ土日連続で鑑賞してきました。


140308.jpg

何故か地味な会場外。。

140309.jpg


1日目は前方ながら花道外。
舞台は微妙な角度ながら、花道横で役者さんのお顔が近くで見れたし、猿之助の熱い演技も臨場感たっぷり。

2日目は中央前方良席。
お芝居を楽しむという点では最高♪
歌舞伎鑑賞史上一番の良席だったかも。
でも花道にはやや距離があったのでどっちもどっちというところ。


肝心のお芝居は・・四代目らしいというのが一番の感想でしょうか。

仏とは何か。
信仰や仏像の持つ力について主人公の十和が悩み苦しむという地味なテーマが広く受けるのかがやや不安要素。
個人的には嫌いじゃないけれど。

東洋ファンタジー風の衣装も耳に残る音楽も良かったと思う。

女形さんにもう少し華が欲しかったかなあ。
笑也さんは女盗賊で忍者みたいだし、笑三郎さんは白装束だし、春猿さんは華やか超えてど派手なことに^^;


今回は佐々木蔵之介、浅野和之、福士誠治ら現代劇俳優を迎えているのが特徴でした。
せりふの言い回しなど全く違うので新鮮ではありますが・・現代劇俳優が入ることでの化学反応のようなものはあまり感じられなかったような・・。
発声が違うからか声が聞き取りづらかったり微妙でした。

私が観劇したのは初めの方だったので段々馴染んで良くなっているかもしれないです。
どうせ2回行くのなら日を空けて比べてみれば良かった。

まだ初演なので今後に期待!


(2014.3.8、9)

タグ

2014年3月29日

ruru (18:00)

カテゴリ:旅行・イベントコンサート・芸術鑑賞

このページの先頭へ