2010年6月アーカイブ

『ボッコちゃん』星 新一

ボッコちゃん (新潮文庫)ボッコちゃん (新潮文庫)
(1971/05)
星 新一

商品詳細を見る

星新一展へ行って触発され、『ボッコちゃん』を読み返した。
手元に見つからず買い直したが、既に95刷を数えている。
偉大だ・・。

>>星新一展@世田谷文学館

やはりすごい!
40年近く昔のものだが、全く古びていない。
前衛的でシュールである。

今回読んだ新潮文庫にはショートショート50作が収められているが、質に偏りがないのもすごいところ。

「ボッコちゃん」「生活維持省」などなど有名な作品も多々あるが、どの作品を読んでも飽きない。
たった1,2ページ後には"オチる"ことがわかっていながらもその世界に挽きつけられてしまうのは一体何なのだろう・・。

特に記憶になかった分今回笑ったのが「来訪者」。
地球に舞い降りた宇宙人に様々なアプローチをしていく地球人の滑稽さが面白い。

無駄なく凝縮された骨太な作品ばかりだが、作りは短く平易な文章なため子供でも楽しく読める。
大人も子供も楽しめて満足できる作品を書くのは容易ではないこと。

改めて星新一に心服。
他の作品集も是非読み返したい。


読了日:2010.6
★★★★★

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

2010年6月22日

ruru (14:15)

カテゴリ:国内小説一般その他の作家(一般)

『花の詩画集 種蒔きもせず』星野 富弘

花の詩画集 種蒔きもせず花の詩画集 種蒔きもせず
(2010/05/18)
星野 富弘

商品詳細を見る

久しぶりの新刊!
星野富弘さん最新の詩画集である。

表紙は愛犬の絵だが、花以外の絵は珍しい気がする。

大判の本なのでただ絵を見るだけでも綺麗だが、やはり添えられた詩とエッセイが良い。

星野さんの詩画集は、心が曇った時に読み返すと自分を生き返らせることができる素敵な1冊になってくれる。
今回もしっかり心を洗いなおせて大満足。

花の絵プラス一言といった作りなので普段詩を読まない人にもオススメ。

読了日:2010.6
★★★★★

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

ruru (13:56)

カテゴリ:詩集

『マンボウ家の思い出旅行』北 杜夫

マンボウ家の思い出旅行マンボウ家の思い出旅行
(2010/01/20)
北 杜夫

商品詳細を見る

北杜夫の追憶と旅行のエッセイ集。

パワフルな娘さんにひっぱられて出かける旅行や少年時代の思い出、マンボウ航海の話など、時代を行きつ戻りつ書かれている。

茂吉に始まり、話題に事欠かない斉藤家の戦前~戦後までの話を聞くことができるのは楽しいし、北さん独特の視点による現在の旅行記も面白い。

私は茂太さんがとても好きだったので、お兄さんの思い出として度々出てくるのも嬉しかった。

同じネタが何度も重複して出てくるのでやや飽きてしまうところもあるが、北さん好きなら楽しく読める1冊。


読了日:2010.6
★★★☆☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

2010年6月21日

ruru (21:49)

カテゴリ:エッセイ・随筆・対談

このページの先頭へ