2014年12月アーカイブ

『口入れ屋おふく昨日みた夢』宇江佐 真理

出戻りのおふくは口入屋「きまり屋」の手伝いをしながら暮らしている。
誰も好まない短期の仕事や後始末などが主な仕事。
行く先々で起こる事件に関わりながら、自らの生き方を見つけていく。

逃げた夫を諦めきれないまま家業を手伝うおふく。

手伝いに行った家々の事情を知り、時には事件が起こり・・様々な人と触れ合う中でおふくの心境には変化が起こる。

てきぱきとした働き者ながら夫に対してだけは煮え切らなかったおふくが今後どのような人生を送るのか続編が気になるところ。


読了日:2014.12.
★★★★☆

↓ブログランキング参加中です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

2014年12月24日

ruru (16:34)

カテゴリ:国内小説一般宇江佐 真理

このページの先頭へ