『だれがコマドリを殺したのか?』イーデン・フィルポッツ


だれがコマドリを殺したのか? (創元推理文庫)

コマドリとミソサザイと呼ばれている姉妹。 ダイアナことコマドリと情熱的な恋に落ち、結婚をした医師ノートンだったが、妻に秘密をもったことで夫婦関係は破綻していく。 そんな中ダイアナは体調を崩し亡くなってしまうが・・。

ミステリのはずだがいつまでも事件は起こらない。
人間関係や経緯に大部分を費やしているため途中で疑問を感じ始める。
しかし時代背景がありながらも現代と変わらない人間模様に飽きない。

謎解き部分と真相は定番ながらも面白く、読後は満足。


読了日:2015.6.
★★★★☆

↓ブログランキング参加中です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年6月29日

ruru (22:58)

カテゴリ:海外ミステリーその他の作家(海外ミステリー)

« 『さよならは明日の約束』西澤保彦 | ホーム | 『言葉尻とらえ隊』能町 みね子 »

このページの先頭へ