『失意ノ方』『白鶴ノ紅』『意次ノ妄』居眠り磐音江戸双紙(47~49)佐伯 泰英


失意ノ方-居眠り磐音江戸双紙(47) (双葉文庫)


白鶴ノ紅-居眠り磐音江戸双紙(48) (双葉文庫)



意次ノ妄-居眠り磐音江戸双紙(49) (双葉文庫)
佐伯 泰英


シリーズは50巻では収まりきらず51巻で完結するらしい。

田沼意次も死去し、ほとんどエピローグ状態だがそれなりにもう一山用意がされているようだ。

磐音や弟子たちだけでなく空也までもが神がかり的に強くなってきて、尚武館道場が無敵過ぎてどうにもならない。

終結は寂しいが丁度良い頃合に思う。

2015.1~9
★★★☆☆

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年9月27日

ruru (17:25)

カテゴリ:国内小説一般佐伯 泰英

« 『なりたい』畠中 恵 | ホーム | 『三匹のおっさん ふたたび』有川 浩 »

このページの先頭へ