『わるじい秘剣帖』風野真知雄

じいじだよ-わるじい秘剣帖 (双葉文庫)


隠居後の暮らしに飽き飽きしていた元目付の愛坂桃太郎。
息子が芸者珠子に産ませた桃子の存在を知り夢中になる。
珠子がお座敷に出る間桃子の世話を引き受けるようになった桃太郎は次々と事件に遭遇し・・。


秘剣帖という割にチャンバラはあまりないが、孫の子守りをしながら事件を颯爽と解決していく姿が頼もしい。
奮闘する隠居老人の活躍が微笑ましく気楽に読める娯楽小説。

2015.9
★★★★☆

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年9月23日

ruru (15:36)

カテゴリ:国内小説一般

« 『白砂』鏑木 蓮 | ホーム | 『回想のぬいぐるみ警部』西澤保彦 »

このページの先頭へ