『なりたい』畠中 恵


なりたい
畠中 恵


来世で何になりたいのか。
神様たちに難問を突きつけられた若だんな。
次々と起こる騒動の中で答えにたどり着くことはできるのか・・。


若だんなのために神様たちすら呼びつける。
そんな長崎屋周辺でのいつもながらの騒動劇。

登場人物も展開もパターン化して何という内容もないのだが、毎回つい購入してしまう。
息抜きに丁度良い娯楽小説。
今回も気楽に楽しんだ。


2015.7
★★★★☆

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年9月27日

ruru (15:22)

カテゴリ:国内小説一般畠中 恵

« 『回想のぬいぐるみ警部』西澤保彦 | ホーム | 『失意ノ方』『白鶴ノ紅』『意次ノ妄』居眠り磐音江戸双紙(47~49)佐伯 泰英 »

このページの先頭へ