海外小説一般の最近のブログ記事

『ジーヴスとねこさらい』P・G・ウッドハウス


ジーヴスとねこさらい (ウッドハウス・コレクション)
P・G・ウッドハウス


久しぶりにジーヴス。
順序ばらばらに読んでいるがこれがシリーズ最終巻らしい。

話はまたもやバーティーのドタバタおまぬけ話。

今回はジーヴスの活躍もあまりなく、さらりと読み終わってしまったので物足りない。

まだ未読のシリーズを読んで消化不良を解消したい。


2015.10
★★★★☆

タグ

2015年10月11日

ruru (22:10)

カテゴリ:海外小説一般

『かもめのジョナサン』リチャード バック


かもめのジョナサン: 【完成版】 (新潮文庫)
リチャード バック
五木 寛之(翻訳)


生きるために飛ぶ仲間たちの中で、ジョナサン一羽だけが飛ぶことの意味を追求し始める。
群れを追い出され孤独になっても一心に飛び続けたジョナサンは、新たな出会いの下更なる高みの世界へと上り着く。
後に続く若者たちはジョナサンを神格化し、行為は儀式化されていき・・。


言わんとしていることは何となくわかる。
すぐ読めるのでたまに読み返しても良い。
ただそれほど自分の精神世界に影響を与えるかと言うとそれは無い。

年齢のせいか、様々な本に出会ってきたからか。
この作品、10代の頃読んだような読まなかったような・・・こういった本よりも太宰やら三島やらを読んでいた気がする。

ベストセラーとなったのは所謂スピリチュアル文学の走りだったからだろうか。

2015.6
★★★☆☆

タグ

2015年6月27日

ruru (15:44)

カテゴリ:海外小説一般

『エーミールと探偵たち』エーリヒ・ケストナー


エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))
エーリヒ・ケストナー (著)ヴァルター・トリアー (イラスト)池田 香代子 (翻訳)


久しぶりに読む機会があった児童文学。

あらすじはすっかり忘れていたが、やはり名作と言われるだけあって良い話。

エーミールや子供たち、周りの大人たちの心情など細やかな描写に心が動かされる。

都会での冒険談、新しい友達、家族の愛・・大人が読んでもぐっとくる。

トリアーの挿絵も雰囲気が合って素晴らしい。

読了日:2015.5.
★★★★☆

↓ブログランキング参加中です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

2015年5月27日

ruru (15:47)

カテゴリ:海外小説一般

『思い出のマーニー』ジョーン・G. ロビンソン

孤児のアンナは心を閉ざし養い親のプレストン夫人にも馴染めずにいた。
ノーフォークへ静養にやってきたアンナは、マーニーという不思議な少女と出会い親友となる。
世界が変わり始めた頃マーニーは突然姿を消すー。

ジブリの映画化で興味を持って読んでみた。
児童文学の名作というが、知らなかった。

繊細な少女の心情に寄り添う情緒的でありがちな話のように思えたが、読み進めるうちに意外な展開を迎えた。
マーニーの正体に驚かされ、アンナの成長を目の当たりにし、あたたかい気持ちになれた。

ファンタジー要素もうまく溶け合っている。

映画を見に行く予定はないが、舞台を日本に変えた影響は気になるところ。


読了日:2014.8.
★★★★☆

↓ブログランキング参加中です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

2014年8月21日

ruru (11:47)

カテゴリ:海外小説一般

『冬の犬』アリステア・マクラウド

カナダ東端の島ケープ・ブレトン。
吹雪、海、家畜、犬、祖父母の記憶・・極寒の島での人々の営みの物語集。

ケープ・ブレトン島は、プリンス・エドワード島の隣だとか。
『赤毛のアン』で馴染み深いプリンス・エドワード島は四季が豊かな島という印象だったが、こちらでは灰色の世界が広がっている。

スコットランド移民の誇りと島での暮らしは、閉鎖的な印象を与える。

開拓者である彼らの暮らしは粗野で荒々しく逞しい。
抑揚の無い文章の中に息づく人間の営みに強い生命力を感じることができた。

この島出身の著者が自らのルーツを紐解くような物語集で、見知らぬこの島について全てを知ってしまったような気持ちにさせてくれた。

読了日:2012.9.19
★★★★☆

↓ブログランキング参加中です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

2012年9月20日

ruru (12:56)

カテゴリ:海外小説一般

このページの先頭へ