趣味系の最近のブログ記事

『謎解き ヒエロニムス・ボス』小池 寿子


謎解き ヒエロニムス・ボス (とんぼの本)
小池 寿子


奇想の画家ヒエロムニス・ボスの作品20点がカラーで紹介されており、巡礼マップで所蔵美術館の確認もできる。
作品ごとの"謎解き"も読みやすい。

途中紹介されている素描は初めて見た。

個性的な作品の数々をひも解きながら鑑賞できて楽しい。


2015.9
★★★★☆

タグ

2015年10月11日

ruru (21:21)

カテゴリ:趣味系

『よくわかる歌舞伎』石橋健一郎


劇場や大道具、作品あらすじ等が写真と共に読みやすくまとまっていてとても楽しめた。
カラーで読みやすいのも良かった。
図書館で借りたので購入しなおそうと思ったのだが手に入らないかも。
残念。


読了日:2015.4.
★★★★☆

↓ブログランキング参加中です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

2015年4月11日

ruru (12:20)

カテゴリ:趣味系

『ルネサンスとは何か。』


大分前から気になっていた本をラファエロ、ダヴィンチ展に合わせて読んでみた。

ミケランジェロを加えた3大巨匠だけでなく、意外と知らないルネサンス期の画家についても触れていて少しは知識が深まったように思う。
ヒエロニムス・ボスやデューラー、ブリューゲルなどもルネサンスに分けられる画家なのかと改めて確認。

宗教的な要素が強いのであまり興味がなかった時代だが、最近は主題を読み解けるようになってもっと楽しんでいきたいと考えるようになったところ。

作品写真も多く、読みやすい。
専門的過ぎて飽きることもなく、初心者には丁度良い一冊だった。


読了日:2013.5.
★★★★★

↓ブログランキング参加中です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

2013年5月22日

ruru (13:57)

カテゴリ:趣味系

『個人美術館の愉しみ』赤瀬川原平

個人美術館とは、一人の作家だけの美術館または一人のコレクターによる美術館のこと。
ここでは日本全国の個人美術館から48館を紹介している。

ただの案内本ではなく著者の探訪記のような作り。
かなり私感に基づいて書かれているので好みは分かれるかもしれないが、写真などもあって文章は読みやすい。

マイナーな美術館を扱っているので知らないところもあって面白かった。

自分が行ったことがあるのは10館のみだった。
地方だと行きづらそうなところもあったが、せめて東京近郊は尋ねておきたいところ。

ちなみに私のオススメは庭も素晴らしい川村記念美術館、田中の世界に浸れる田中彫刻美術館。

読了日:2012.8.
★★★★☆

↓ブログランキング参加中です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


タグ

2012年8月30日

ruru (21:24)

カテゴリ:趣味系

『ネコを撮る』岩合 光昭

動物写真家岩合さんの猫写真の撮り方。
と言っても技術的なことよりも、写真を撮る上での猫との付き合い方をまとめた本。

モデルネコの探し方、機嫌のとり方、猫の習性など。
初めて知ったが、オスの方がアピールしたがるのでモデルに向いているらしい。

野良猫にいつもにらまれてしまうのはどうやら接し方が悪いらしい・・。

オールモノクロだが写真も多々あって、猫好きにはたまらないのではないだろうか。
海外の猫写真や猫科のライオンなどの写真もある。
チーターの爪とぎは何となく不思議。

自分はどちらかというと犬派だったので、岩合さんの和犬写真集を持っている。
しかしこれを読むと岩合さんは完全に猫派。
猫を愛してやまないからこそ愛情溢れる写真が撮れるのだろう。

カメラ好きはもちろんだがただの猫好きでも共感できて可愛い猫写真を楽しめる一冊。

読了日:2012.8.16
★★★★★

↓ブログランキング参加中です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


タグ

2012年8月17日

ruru (10:22)

カテゴリ:趣味系

このページの先頭へ