石持 浅海の最近のブログ記事

『君がいなくても平気』石持浅海

君がいなくても平気 (カッパ・ノベルス)君がいなくても平気 (カッパ・ノベルス)
(2009/12/17)
石持浅海

商品詳細を見る

2社共同開発チームにより生み出された「着ロボ」がいきなりの大ヒット。 その祝勝会の翌日、チームリーダーである粕谷が出勤後に不振な死を遂げる。 死因はニコチン中毒でどうも自殺とは思えない。 開発チーム内でお互いを疑い合う中、水野は同僚で恋人の早智恵を犯人だと確信することになる。

長編なのに最初の数十ページで話が読めるっていうのはミステリとしてどうなのだろう。
伏線のつもりなのかもしれない描写はあるが、明記しすぎでバレバレである。

一見刺激的な言葉がところどころ登場するが、実のところそうでもないし、水野のぐずぐずした内面を見せられるだけで意外性もどんでん返しもなければ彼の成長を描いているとも言い難い。

続けて作品を読んで感じたことだが、この作者はひらめきには優れてはいるがミステリを書くには素直すぎる人なのではないだろうか・・。

「とても視界の良い一本道をひたすら進んでいるけれど、実はこの道は間違っているんだよね?」と思わせてページを捲らせるのが手なのか?
「色々と可能性を考えてしまう自分はひねくれているのかも」と思ってしまうほど"間違いのない"想定内の結末を迎えてくれる。

疑わせて惑せて迷わせて立ち止まらせるのがミステリの醍醐味ではないだろうか。
読者としては、障害物を乗り越えて思考の迷路を抜け出た先の爽快感を味わいたい!

あまりにもまっすぐ過ぎてミステリとしては成り立っていないし、せめて登場人物に共感できるかというと人間心理の機微の描写が優れているわけでもなく曖昧な小説である。

何となく一気読みしてしまったが、空疎な印象しか残らなかった。

若者のエゴイズムというテーマは良いと思う。
パーツの組立がちょっと・・。

いつか素晴らしい作品を読ませてくれるかもしれないという期待は持てるのだが、今のところは残念。

読了日:2010.7.9
★★★☆☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

2010年7月11日

ruru (12:08)

カテゴリ:国内ミステリー石持 浅海

『月の扉』石持 浅海

月の扉 (光文社文庫)月の扉 (光文社文庫)
(2006/04/12)
石持 浅海

商品詳細を見る

沖縄那覇空港で旅客機がハイジャックされる。 犯行グループ3人の要求は、那覇警察署に留置されている彼らの「師匠」を空港まで連れてくること。 犯人らはそれぞれ乳幼児を抱えて人質とするのだが、トイレへ行った人質の母親が死体となって見つかる。 ハイジャックと予期せぬ死体。航空機内で起こった2つの関連は・・?

ハイジャック中に計画にない死体が発見される。
犯人たちは第一発見者の彼氏である座間味島のTシャツを着た観光客を「座間味くん」と名づけて謎解きをさせる、というストーリー。

ハイジャック中の機内という密室、何故か居合わせた「師匠」のキャンプ関係者たち、本名が明かされることもなく探偵役を無理やりつとめさせられる男など面白い設定が多く、文章も読みやすい。
ハイジャックと殺人事件(これは最初から明らか)の2本立てというのも良い。

しかしそれにも関わらず読後感として全く満たされない。

ハイジャック犯の動機や結末ががばかばかしく、機内の殺人事件がわかりやすすぎるからだろうか。

ハイジャック犯により密室とさせられているという設定は面白いのだが、人質の子供も乗客も乗務員も全て無の存在であるところに違和感があるし、ところどころ警察側の描写になるのだが、こちらも登場人物が多いわりに意味のないセリフなど無駄が多い。

きっと何かあっと驚くような展開を見せるのではないか、まさかこのまま終わるまい!と思いながら読んだが結局そのまま終わってしまった。

かなり物足りない。
しかしバッサリと切り捨てられない面白みがところどころあるのが複雑である。
美味しい食材を揃えてみたが、調理をしたら大した料理にならなかったという印象。

一番の感想としては「勿体無い」。

読了日:2010.7.9
★★★☆☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

2010年7月10日

ruru (16:11)

カテゴリ:国内ミステリー石持 浅海

『人柱はミイラと出会う』石持 浅海

人柱はミイラと出会う人柱はミイラと出会う (2007/05) 石持 浅海

商品詳細を見る


アメリカからの留学生リリーは数々の日本の風習に戸惑いを感じている。
工事期間中地中に潜って工事の無事を祈る人柱、既婚女性が歯を染めるお歯黒、厄年休暇に警察鷹・・。
リリーが遭遇する奇妙な日本の習慣と周囲で起こる事件の謎解き短編連作集。


古い日本の習慣が現代にも残っているという設定はとても面白い。
真面目な調子で人柱職人(人柱として地中に潜る専門職)などを説明されるとおかしくてたまらない。

留学生リリーの驚きを通して読者も驚き、古い風習が関係してくる様々な事件の謎解きは飛び道具的でありながらも楽しめる。

ただ、最初はかなり面白いと思って読み進めていったのだが後半少し飽きたのかペースが落ちた。
奇抜さだけで何話も読むのは厳しいのかもしれない。

純粋なミステリではなくエンタメ小説のような趣きで文章も軽やかで読みやすい。
設定は最高なので謎解きに深みがあったらもっと良かったと思う。

読了日:2010.7.7
★★★☆☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

タグ

2010年7月 7日

ruru (18:39)

カテゴリ:国内ミステリー石持 浅海

『扉は閉ざされたまま』石持 浅海

扉は閉ざされたまま 著者: 石持浅海 出版社: 祥伝社 サイズ: 文庫 ページ数: 321p 発行年月: 2008年02月

大学の同窓会で旧友たちが都会のペンションに集まる。 リーダー格の伏見は後輩の新山を殺害して密室現場を作り、眠り込んでいるだけだと見せかける。 朝になれば事故として事件は処理される計算であったが、かつて思いを寄せた優佳だけが閉ざされた扉に疑問を抱き推理を進めていく。

主人公が犯人で、最初に犯行が明かされる倒叙ミステリ。

何とか朝まで扉を開けさせまいとする伏見と扉を開けて真実を探ろうとする優佳の頭脳戦が軸となっている。
こちらは既に犯行がわかっているせいか、開かない扉に疑問を抱かない他の同窓生たちに違和感を感じるし、伏見の誘導に多くの穴を感じるので優佳だけが優れているような気になれなかった。

動機とラストに共感できない点で満足度は低いが、伏見と優佳の攻防戦中はそれなりに引き込まれて読み進められた。

探偵役の優佳が犯人の伏見よりも人間的にいただけないのが問題かも。

読了日:2009.4.17
★★★☆☆

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 本ブログへ

タグ

2009年4月19日

ruru (01:33)

カテゴリ:国内ミステリー石持 浅海

このページの先頭へ