幸田 真音の最近のブログ記事

『あなたの余命教えます』幸田真音

あなたの余命教えます 著者: 幸田真音 出版社: 講談社 サイズ: 単行本 ページ数: 290p 発行年月: 2008年03月

永関は定年退職を4年後に控える56歳。 同級生の死や来るべき定年に不安を覚えていたところ、インターネットで正確な余命を教えてくれるという研究所の存在を知る。 余命が分れば自分の今後の生き方を決めることができるのではないか? 永関はオリエンテーションで知り合った人々と連絡を取り合いながら、自分の余命の宣告を待つのだが・・。

この小説では「若くはないが老人でもない微妙な年齢」として56歳の永関が主人公となっているが、年代に変わらず誰でも余命に興味はあるだろう。

しかし、実際正確に教えてくれるとしたらどうだろうか。
知って良かったのか、知らない方が良かったのか・・登場人物たちの苦悩を書きながら、生き方や人との関わり合いを考え直させる内容になっている。

研究所は膨大な個人情報と精密なデータマイニングから余命を割り出すという設定。
所々ビジネス的な要素が絡み、単なるフィクションの人情モノのようにならないところが幸田真音らしい。
その点でバランスが取れた良い作品だと思う。

読了日:2009.2.5
★★★★☆


人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 本ブログへ

タグ

2009年2月 5日

ruru (23:37)

カテゴリ:国内小説一般幸田 真音

『代行返上』幸田 真音

代行返上〔文庫版〕 (小学館文庫)
『代行返上』
幸田 真音
小学館 2005-11-05


初幸田真音。2003年を舞台に企業年金の代行返上を描く。
ちょっと時期がずれてしまっているのでリアル感は薄いが、遠い話とあまり興味の無かった代行返上について少し理解できたので面白かった。文章も取っ付き易く誰でも読めそう。ただ、解説にもあったがテーマが一時的なものなので普遍的に残る作品では無いかも。もっと早く読めば臨場感があってもっと良かったと思う。

読了日:2008.4.12
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ

タグ

2008年4月13日

ruru (22:31)

カテゴリ:国内小説一般幸田 真音

このページの先頭へ