古本から思う

先日ブックオフで古本を何冊か買いました。

古本を買うと、中に本屋のしおりが挟まっていたりして「前の持ち主はこの本屋さんで買ったのか〜」とか「大阪から千葉まできてますよ〜」とか何となく楽しい気分になります。

今回は連作物を2冊買ったらそれぞれレシートが挟まっていました。

09021301.jpg

それを見てみると、1巻を買って3日後くらいの日付のレシートが2巻に挟まっていました。
きっと同じ人ですよね。

「面白かったから連作の2が欲しくなったんだなあ」とその人の行動心理を考えたりすると面白かったです。

でも、レシートをしおり代わりにする人がいるんですね〜。

すぐに2巻(といってもそれぞれ完結はしています)が読みたくなったかというと微妙な作品でしたが。

タグ

2009年2月13日

ruru (23:38)

カテゴリ:日記・所感

« 不要本の始末 | ホーム | ららぽーとでお買い物 »

このページの先頭へ