北京故宮博物院200選@東京国立博物館

トーハク開催中の「北京故宮博物院200選」へ出かけてきました。

5時間待つとか6時間待つとか恐ろしい情報が流れていた『清明上河図』は諦めた。。
(実物の展示は1月24日で終了しています)
並ぶのが大嫌いな私には無理です。
しかも追い立てられるように5分くらいしか見れないとかなんとか。
日曜美術館でじっくり見たので良しとよう^^;

しかしそれでもすごい人。。

120204.jpg

120204c.jpg

すごいのは人だけじゃありません。
200選というだけあって展示の数に目が回りそう。

最初は書画が多く、その辺疎い自分はやや早足で。
何しろすごい人ごみの後ろから眺めて急いで周っても2時間かかったくらいなので、興味の薄いところはさくさく進まないと全くもって見終わらないですよ・・。

書については「巧いな~」とか「美しい字だね~」とか浅い感想しか沸かない私。
(今回の大きな見所ではあったようですが^^;)
やっぱり絵画や陶磁器、衣装などの方が面白いです。
刺繍画なんかは本当にすごい。

『清明上河図』はコピー展示に変わっていました。
それでも長蛇の列でなかなか見えない。。
確かに精密な筆遣いや当時の風俗など見ていて飽きないし素晴らしい。
大騒ぎするだけのことはあります。

しかし現地ではよく見えないというジレンマ。
HPで確認も可能な様子。
http://www.kokyu200.jp/midokoro_03/


あまりの人と展示数にあてられた2時間でした。
この展覧会に行く場合は予定のなくじっくり周れる日を選ぶべきです!

しかしさすが中国。
故宮博物院にも是非行ってみたいな~そのうち。



(2012.2.4)

タグ

2012年2月 7日

ruru (01:03)

カテゴリ:旅行・イベント

« ルドンとその周辺ー夢みる世紀末@三菱一号館美術館 | ホーム | 蔵前ランチとスカイツリー »

このページの先頭へ