名和晃平ーシンセシスー/トーキョーワンダーウォール2011入選作品展@東京都現代美術館

清澄庭園後には東京都現代美術館へ。
立ち寄らないつもりでしたが、ここまで来て・・という誘惑に負けてしまいました。

110616t.jpg

現在の企画展は「名和晃平ーシンセシスー」です。
「セル」という概念に基づいて彫刻や空間表現を展開させた個展。

110616s.jpg

この企画展には"見方"があり、1回目はただ感じるだけ、2回目は解説を見ながらどうぞとあったのでその通りに鑑賞しました。

現代アートは「なんだこりゃ」っていうのもたくさんありますが、名和さんのは見ていて単純に面白いですね。
洗練された印象なので逆に素人はとっつきやすいのかも。

1回目の自分勝手な解釈で回るのも面白かったですが、解説を読みながら2回目を回ると納得がいって充実した気分になりました。

理解しにくいタイプの現代アートかと思っていたら意外と良かった。。

人も少なく落ち着いて回れるので、マイペースに満喫することができました!

帰宅後ネット検索したらご本人のインタビューが何故かビームスのHPに載っていました。
展示作品についても語られているものがあるので見てみると良いかもしれません。


もう1つ無料の企画展が開催中だったので、こちらも覗いてきました。
「トーキョーワンダーウォール2011入選作品展」です。

これは若手作家さんの展覧会らしいです。

ジャンルもバラバラなので、とても良いなと思うものと??となってしまうものの差がある^^;
好みの問題ですが。

技法や使っているものの種類もバラバラです。
布だったり木だったり、アクリル絵の具だったりボールペンだったり蝋だったりといったように。

無料でこれだけの作品を見ることができるのはお得です。
色々な作風を一度に楽しむことができました♪


そして・・とうとうMOT会員になってしまった!
個人会員は1500円で1年間、常設は無料、企画展が半額になるのです。
前から迷っていたのですが、思い切って。
思い切るほどではないですが^^;

これでもっと現美へ出かける機会が増えそうです。


(2011.6.16)




タグ

,

2011年6月20日

ruru (11:58)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 花菖蒲が見ごろでした@清澄庭園 | ホーム | 劇団四季ミュージカル「美女と野獣」@四季劇場・夏 »

このページの先頭へ