プーシキン美術館展 フランス絵画300年@横浜美術館

横浜美術館で開催中の「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」。

少し前になりますが、夜間内覧会に参加してきました。

閉館後に受付開始。
最初は学芸員の方のミニレクチャーです。


130706f.jpg


元々は2011年に企画されていたものの、震災の影響で延期となっていたこの展覧会。

ロシアの富豪モロゾフとシチューキンのコレクションを中心としたフランス絵画が66点来日しています。
ほとんどが日本初公開!

人物画が多く、各時代の人物の描き方の変遷がわかりやすい展覧会になっているとのことでした。

セザンヌルームを作ったモロゾフ。
ピカソルーム・マチスルームを作ったシチューキン。
この二人のコレクションの豪華さには言葉を失います・・。

130706g.jpg

130706h.jpg

革命により国にコレクションを没収されたのは大変気の毒ですが、こちらはそのおかげで素晴らしい作品をまとめて鑑賞できる機会に恵まれているわけで複雑な気持ちになりますね。


話題になっていましたが、このプーシキン美術館展の音声ガイドは水谷豊さんです。


130706i.jpg


今回内覧会のため特別に写真撮影ができました。


130706j.jpg


官能的な美しい作品、ブーシェの《ユピテルとカリスト》。


130706k.jpg


"廃墟のロベール"はエジプトも描いていたのですね。
確かに遺跡なのでなるほどと思いましたが、初めて観ました。


130706l.jpg

ユベール・ロベール《ピラミッドと神殿》

やっぱり大好きなセザンヌ。
人物画も良いんです。


130706m.jpg

ポール・セザンヌ《パイプをくわえた男》


大人気のゴッホも1点あり。


130706n.jpg

ゴッホ《医師レーの肖像》


ゴッホからこの絵を贈られたレーは、気に入らずにニワトリ小屋の穴ふさぎに使っていたとか。
主観的価値観と客観的価値観について考えさせられる話です^^;


ゴーギャンもあります。


130706o.jpg

ポール・ゴーギャン《彼女の名はヴァイルマティといった》《エイアハ・オヒパ(働くなかれ)》


写真はありませんが、ルソーの《詩人に霊感を与えるミューズ》を観ることができたのは嬉しかった!!
奇天烈全開ですが、何だか惹かれる作品です。
こちらは第1バージョンですね。
第2バージョンと並べて鑑賞してみたいなあ。

ポスターにもなっているルノワールの《ジャンヌ・サマリーの肖像》は、印象派時代最高の肖像画と言われているそうです。
好みの問題か最高という賛辞は疑問でしたが、柔らかな雰囲気が素敵な作品ではありました。

他にもコロー、マネ、ピカソ、シャガールなどなど箸休めなしのラインナップ。

ミュージアムショップも気合が入っていて、作品関連商品だけでなくロシアグッズも充実していて見ごたえがあります。
カフェではこのプーシキン美術館展に合わせた限定メニューもあるみたいでたっぷり半日楽しめるようになっています♪

(2013.7.6)


「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」
■会場:横浜美術館(神奈川県横浜市)
■会期:2013年7月6日(土)~9月16日(月・祝)
■休館日:木曜日(ただし8月1日、15日は開館)
■開館時間:午前10時~午後6時(8月、9月の金曜日は20:00まで開館、入館は閉館の30分前まで)

タグ

2013年8月 5日

ruru (10:47) | コメント(2)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

コメント(2)

こんにちは。
プーシキン美術館を思い出しながら、展興味ある内容読ませていただきました。
ルノワールやゴーギャン、セザンヌ、ルソー、アングルなどの傑作もよかったですが、私が知らなかった画家の作品も傑作ぞろいで、質の高いコレクションは素晴らしいと思いました。

すべての作品は書ききれませんが、特に子心に残った作品をできるだけ取り上げて作品の感想などを自分なりに書いてみました。
読んでいただけるとうれしいです。ご意見などコメントなどをいただける私も勉強になりますので、大変感謝致します。


« 坂東玉三郎・鼓童 アマテラス@赤坂ACTシアター | ホーム | 大妖怪展ー鬼と妖怪そしてゲゲゲ@三井記念美術館 »

このページの先頭へ