スイスの絵本作家クライドルフの世界@Bunkamuraザ・ミュージアム

Bunkamuraザ・ミュージアムでは現在「スイスの絵本作家クライドルフの世界」が開催中です。

120627.jpg

美しく質の高い絵本作家の先駆者だったというクライドルフ。

多分初見です^^;
でも絵本好きなのでちょっと楽しみにしていました。

作品は花や虫が擬人化したメルヘンの世界に溢れていました。
説明のパネルにはモデルとなっている花の写真と説明があるのですが、本当に多種多様な花をモチーフとしていてさながら植物図鑑のようです。

アルプスで描かれたということもあって、山野草が多いところも素朴で良いですね。
柔らかい水彩画が多く、ソフトな印象の作品たちです。

控えめで美しいいかにもヨーロッパ風の花・虫・小人の世界たち。
ストーリーもヨーロッパ風なので・・こちらは微妙な気がしました。。

個人的には・・そうだなあ・・それほど好みではないかも^^;
美しいとは思うのですが、琴線には触れなかった感じです。
どこがどうとはっきり言えないのですが。

会場は淡いグリーンで彩られ、おとぎの国のような可愛らしい空間になっていました。
絵本コーナーもあって、日本で発行された作品を読むこともできます。

絵本の原画展なので子供も楽しめるようになっているのだと思いますが、メルヘン好きの大人が観た方がしっくりきそうな気がしますね・・。
はまればどっぷりクライドルフの世界に浸ることができる展覧会ではないでしょうか。


久しぶりにBunkamuraザ・ミュージアムへ出かけましたが、こちらはいつも微妙にマニアックな展覧会をしますよね~。
知らない画家や作品も多くて新しい出会いをもたらしてくれるのが魅力です*^^*



(2012.6.27)



タグ

2012年7月 6日

ruru (10:47)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 小岩菖蒲園 | ホーム | 渋谷コクーン歌舞伎「天日坊」@シアターコクーン »

このページの先頭へ