白隠展 禅画に込めたメッセージ@Bunkamuraザ・ミュージアム

2012年美術鑑賞納めはBunkamuraザ・ミュージアムの「白隠展 禅画に込めたメッセージ」となりました。


121227.jpg


江戸時代の禅僧白隠が遺した禅画や書の展示です。
40数カ所の所蔵者から大作を中心に約100点を厳選したんだそうですが、オール白隠の充実ぶりに濃密な時間を過ごすことができました。


禅僧というと厳しい修行を続ける生真面目なイメージですが、白隠の禅画はどれもユーモアに溢れています。


力強い筆遣いの迫力。
豊かな表情。
教えを説きながらもどこか力が抜けた雰囲気。


奔放で洒脱です。


達磨など同じモチーフながら全く違う筆致の作品を眺めることも出来て面白かった!

いつもながらBunkamuraザ・ミュージアムは会場設営と装飾が良いですね。


賛の解説がもっと詳しいと楽しかったかも。
でもあまり突っ込むと仏教色が強すぎてしまうのかな。。
禅画を読み解くというよりは書画を楽しむ美術展という趣の方が強かった気がします。
著作が読みたくなったけれど、漢文なのかな~^^;


一番驚いたのはメビウスの輪。
白隠のほうが100年も早く描いているんだとか。
滑稽な書画で説いているところが白隠流。


池大雅の画に白隠が賛を書いたものもありました!
これは贅沢な。。


デザイン的な視点で観るもよし、仏教的な視点で観るもよし、の展覧会なんじゃないでしょうか。

まだまだ始まったばかりです。


(2012.12.27)


「白隠展 禅画に込めたメッセージ」
■会場:Bunkamuraザ・ミュージアム(東京都渋谷区)
■会期: 2012/12/22(土)-2013/2/24(日)
■休館日:※1/1(火・祝)のみ休館
■開館時間:10:00-19:00(入館は18:30まで)
※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

 


タグ

2012年12月30日

ruru (18:39)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« K-BALLET COMPANY 「くるみ割り人形」@赤坂ACTシアター | ホーム | 東芝グランドコンサート2013 ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団@サントリーホール »

このページの先頭へ