龍馬伝@江戸東京博物館

江戸東京博物館の特別展「龍馬伝」初日に行ってきました!
最初の3日間だけ"坂本龍馬オリジナルガラス板写真公開"となっていたので、混んでいることは承知で頑張って出かけてきました^^

100427.jpg
(なんかピンボケ・・)

9時半開館を目指す予定がずれ込んで10時過ぎに到着。
既に長蛇の列です!

20分待ちの看板の下ダラダラと並んで入場。

最初の展示が例のガラス板写真のため入口が混むわけです。

このガラス板写真、L版写真サイズ程度の大きさで小さい!
キリキリと削ったような跡で有名なブーツを履いて立つ龍馬の姿を見ることができました。
ううん、これがあの有名写真の原板か~と思うとやっぱり感慨深く来た甲斐はあったというものです。

その他はほとんど書簡が多い展示でした。
すぐに明治に入った時代だったせいか龍馬の肉筆書簡が山ほど残っているんですね。

何となく読めるような読めないような字なんですが、有名な龍馬言の原本を多々見ることができました。

良い展示だったですよ!全体的に。

しかし混みすぎ^^;
小さい文字を追うような観覧になるので余計に時間がかかって進みが遅いんでしょうね。

ご年配の方が多いこともあってか会場中が殺気立ってました(苦笑)
疲れますよね、2,3時間も立ったまま進んだり進まなかったりでは。

そもそもガラス板写真が3日間限定公開というのがねえ。
あとは空いていくと思いますが。

そうそう。
イヤホンガイドは香川照之さんでした^^/

100427b.jpg

出る時には80分待ちに列が伸びていました。
でもスクリーンで大河のダイジェストを流しているので待てるんじゃないでしょうか。

私はテレビは見ていないので、ここでざっくりあらすじがわかって面白かったです。

(2010.4.27)

タグ

« 京都旅行20・総括 | ホーム | レンピッカ展@Bunkamuraザ・ミュージアム »

このページの先頭へ