ヴィジェ・ルブラン展@三菱一号館美術館

「マリー・アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展ー華麗なる宮廷を描いた女性画家たちー」・・ってタイトル長い~に行ってきました^^;
震災でばたばたしていたら、終わりが近づいていたので慌てて鑑賞に出かけた次第です。

場所は三菱一号館美術館。
GWとはいえ、一応平日なので混雑具合もそれほどでなかったのが幸い。
あの作りで混雑しているとかなり厳しい。。

ブリックスクエアの中庭は、なかなか素敵で落ち着いて良いところ。
丸の内とは思えないほどほっとしますが、三菱一号館美術館は美術館としてはどうだろう・・。
味はあるんだけど見にくい作りじゃないだろうか。。

110503g.jpg

さてルブラン展ですが。

110503h.jpg

わかっていたことですが、肖像画のオンパレードです^^;
マリー・アントワネットやらポリニャック夫人やらと有名どころはまだ楽しめますが、名も無き人の肖像画は微妙な気もします・・。
陶器肌の描写やドレスの質感などを楽しむというのはありますが、肖像画の楽しみ方がまだよくわからない私。

それにしても18世紀のフランスでこんなに多くの女性画家が活躍していたのかと思うと感慨深いものがあります。

正に華麗なる宮廷画家という華やかさに溢れた展覧会でした。
久しぶりにベルばらが読みたくなった*^^*
2011.5.2


タグ

2011年5月 4日

ruru (00:18)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 成田山へ・・ | ホーム | 五月大歌舞伎@新橋演舞場 »

このページの先頭へ