清水晃(漆黒の彼方)・吉野辰海(犬の行方)展

浦和で飲み会があったので、その前に北浦和にある埼玉県立近代美術館へ。

120228.jpg

近美は現在清水晃(漆黒の彼方)・吉野辰海(犬の行方)展が開催中。

120228b.jpg

清水晃の方は、「漆黒から」シリーズやガイドブックやポストのシリーズと展示数も豊富。
序盤はフロッタージュたくさん。
物の上に紙を置いてコンテで擦って1つの作品にする技法なんだとか。
はさみモチーフ多し。
墨絵や版画など黒い世界観が好きならはまりそう。

個人的にはコラージュ系の作品が好きなので"ガイドブックシリーズ"なんかが面白かったです。
あとは舞踊のポスターは前衛的で変わっているんだけど、やはりセンスがすごくて・・。
見ごたえ十分でした。

吉野辰海の方は・・・犬の造形は写真で見ていたのと間近で見るのとでは大違い。
怖いです^^;
ねじれた犬やら立ち上がって筋肉隆々の犬やらが並んでいて迫力たっぷり。
鳥肌ざわって感じでした。

ポスターで見る唐辛子犬なんて面白そうだったのに、近くで見るとホント怖い。。

更に新シリーズの象少女はホラーのようでした。
いやあ、唯一無二の芸術なんだとは思いますが、側で見ると異様な空気でしたよ。
それだけ独特の世界観が出ているんでしょう。

ちょっと怖いけれどポスターなどの写真を見ていては感じられない空気なので見る価値はあると思います。


帰りに駅で見かけた地震雲?
雷ではありません。

120228c.jpg



(2012.2.28)





タグ

2012年3月 1日

ruru (14:33)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 千葉市美術館寄贈・寄託作品展 | ホーム | 岡山・倉敷旅行1.岡山城 »

このページの先頭へ