京都旅行12.等持院~堂本印象美術館

平野神社から歩いて等持院へ移動。

堂本印象美術館へ行く道なりだったことと空いているだろうと予想したため^^
途中立命館の通学ラッシュに巻き込まれつつなんとか到着。

kyoto119.jpg

一見外の喧騒が別世界のようなお庭・・・なのですが、なんだか近くで工事中らしくうるさかった^^;

kyoto120.jpg

それでもしばし休息し、お庭を散策。
夢窓疎石作と言われる名庭園です。

kyoto125.jpg


kyoto121.jpg

茶室・清漣亭。

kyoto122.jpg

有楽椿。
散った後でしたが、それもまた綺麗かと。

kyoto123.jpg

kyoto124.jpg

足利尊氏の墓。

kyoto126.jpg

ここ等寺院では歴代足利将軍像と徳川家康像が安置されています。
木像がずらり並んだ霊光殿は見ごたえあります^^b

桜感0だからか人もまばらで落ち着きました。
前日と打って変わり、お天気も良くなってお庭の散策が気持ち良かった♪

大学が隣だったりすると逆に興味が沸かないものかな?
北大の友達のところへ遊びに行った時も感じたけれど、どこか地方の大学でその土地を満喫するのも楽しかったかもって最近よく思います。
今から越すつもりはないけど^^;


等持院を出ててくてく歩き。
晴天は好ましいが暑い。。

結構疲れながら堂本印象美術館へ到着。

堂本印象美術館は、堂本印象自身が建物の内装・外装全てをデザインしたという美術館です。
お隣に立派なご自宅もあります。

それでいて京都府立。
地元の大家の美術館を公立で運営するのは望ましい形。

一見して奇抜な建築物なのですぐにわかります。
むむむ!テンション上がります↑^^↑

kyoto128.jpg

入館前からあれこれ鑑賞して楽しめます。
芸術が爆発気味で面白い。

建物内も、堂本印象デザインの階段やら椅子やらドアノブやらと芸術で溢れています。
展示としては絵画がメインですが、見るものが多すぎる!
上階サロンの映像やそこから見える景色も良かったし。

企画展は「暮らしのすがた-時代・社会」が開催中でした。

kyoto127.jpg

日本だけでなく海外もモチーフとした人々の暮らしの姿。
大きくて迫力のある作品が多かったように思います。

作風は伝統的な日本画から現代的な抽象画まで。
寺院の障壁画や教会のステンドグラス、彫刻に陶芸などなど・・。
多彩な活躍とその柔軟な探究心をひしひしと感じられる美術館です。

ここもやっと来れた!
満足(*´∀`*)

時間的な割り振りを考え、金閣寺は行かずきぬかけの路はくだります。


京都旅行は続く。
(2012.4.12)


タグ

2012年5月 2日

ruru (17:36)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 京都旅行11.平野神社 | ホーム | 京都旅行13.仁和寺~妙心寺 »

このページの先頭へ