地上最大の手塚治虫展@世田谷文学館

最近ご無沙汰していた世田谷文学館。
知らぬ間に手塚治虫展やってるじゃないですか!!
ツイッターで情報入手した翌日に即出かけてきました。
だって手塚治虫は神ですから~!!
(宇宙から来た説も若干否めないがw)

120512.jpg

土曜日だから混雑するに違いない、と開館と同時に入館。

120512b.jpg

あ、結論から言うとがら空きでした。
別に朝だけでなく昼に帰る頃も。。
何故だ・・GWに始まったばかりで周知されていないのかな?
7月1日までやっているので是非お出かけを~!

原画などはもちろん×ですが、何体かキャラクターたちと写真が撮れるところがありました♪

入口のアトム。

120512e.jpg

サファイア。

120512f.jpg

横の×印看板は「さわらないでね!写真は撮れるよ」です。
決して私がマナー違反を犯しているわけではありません (。・ε・。)

出口にはBJ。

120512g.jpg

途中にいたレオは写真NGでした。
残念。

展覧会の内容としては、原画・愛用品などの展示、年表や作品の世界観などのパネル、映像作品、全漫画が読めるコーナーなどでかなり充実しています。

知ってはいたけれど、改めて昆虫手帳や初期の頃の作品の完成度に唖然。
作品数にも。
進行表の展示まであったのですが、大物連載抱えすぎです。
今の漫画家なんて、大体人気連載1本でやってるのに・・。

昔の雑誌なども展示されているのですが、確かビッグコミック?の表紙に"ビッグな執筆陣"として手塚治虫、石ノ森章太郎、さいとうたかを、水木しげる・・だったかな・・の名前があって、「ビッグ過ぎるわ!」と心の中で突っ込みを入れてしまいましたw

馬場のぼるや星新一(ボッコとかも)などモデルとして登場する友人たちもビッグ。
そして私の大好きな人たちだし。
色々楽しい(*´∀`*)

今回面白いなと思ったのは"スターシステム"の特集です。
"スターシステム"とは同じキャラクターを色々な漫画に登場させるシステムのこと。
手塚漫画はスターシステムがかなり使われていますからね。
ロック、ひげ親父、ランプ、ハム・エッグなどは見慣れていましたが、サファイアも一応そうなのか・・。
サファイアに関してはショートカットの女性という目で見ていて、サファイアと同化したことがなかったなあ。

展覧会カタログには手塚治虫全集全200巻の読書メモがついています。
大体読んだつもりだったけれど7~8割制覇位かも。
何となく初期のカタカナ多め・手書き吹きだしの作品や未完のものは読みづらい気がして読んでなかった・・。

でも潰していくよりも今手元にない名作系を買い集めていこうかな。
ストーリーは結構諳んじているけれどいつでも読めるように^^;

何となく見に行っても面白いだろうし、ファンなら尚更嬉しい展覧会。
どちらかと言えば子供より大人の方が楽しめるかもしれません。


お庭の池。
鯉は何をしようと思って集まるのか。。

120512c.jpg

毎年この手の花を見ると迷うのだけど・・これは白い線があるから・・・杜若だッ・・・が綺麗でした♪

120512d.jpg

世田谷文学館は芦花公園から徒歩5分くらいの閑静な住宅街にあります。
静かで良いところです、ホント。
唯一うちから遠いのが玉にキズ。。

(2012.5.12)

タグ

2012年5月20日

ruru (16:37)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展ーバムとケロ、ぶた(SIKA)の世界ー@そごう美術館 | ホーム | 東北の工芸と棟方志功@日本民藝館 »

このページの先頭へ