東北の工芸と棟方志功@日本民藝館

ずっと行ってみたかった日本民藝館へ。
駒場東大前から徒歩10分弱。

高級住宅街をテクテク歩いてたどり着いたのは一目で"民藝"とわかるこの建物よ。

120512h.jpg

丁度ツツジが満開でした♪

120512j.jpg

向かいの石仏。(日本のじゃないのかも??)

120512k.jpg

現在は「東北の工芸と棟方志功」を開催中です。

120512i.jpg

棟方志功の作品だけでなく、東北の工芸品が多数展示されています。
日本民藝館は建物・椅子など雰囲気から楽しむ作りなので、美術展というよりは特集展示といった方がしっくりくるかもしれません。
玄関にはいるすぐから展示が始まっています。

いくつか馴染み深い会津本郷焼の作品の展示があったのが嬉しかった♪
東北に思いを寄せた特別展なので、棟方志功の作品からは"祈り"をテーマにしたものが集められていました。

また常設では"民藝"御馴染みの河井寛次郎や濱田庄司の作品なども。

3月に行った倉敷民藝館では室内でも写真が撮れたのだけど、こちらはNGなのが残念。
床なんか使い込まれていい感じの風合いになっていて気になったのに。

向かいの西館は、実際に柳宗悦が実際に住んでいた家で、丁度公開日に当たっていました!
ラッキー♪

120512l.jpg

長屋門は栃木県から移築したそうです。

亡くなるまで実際に住まわれていたという貴重な空間。
書斎の本などがそのまま残されていて、ファンなら垂涎モノ間違いなしです。
古い建物に天井までの本棚ですが、昨年の地震の影響もなかったそうです。

公開は展示開催中の第2・第3水曜、第2・第3土曜のみなので結構貴重だと思います!
合わせて出かけられる方は狙って行った方がお得。



(2012.5.12)



タグ

2012年5月20日

ruru (17:59)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 地上最大の手塚治虫展@世田谷文学館 | ホーム | 旧前田公爵邸@駒場公園 »

このページの先頭へ