ブラティスラヴァ世界絵本原画展@千葉市美術館

千葉市美術館ではブラティスラヴァ世界絵本原画展が開催中です。

120918.jpg

絵本原画展って結構好きなのだなあ。
絵本が好きだから当然かヽ(´▽`)/

これはスロヴァキアの首都ブラティスラヴァで開催されている展覧会です。
受賞作や日本人作家などの原画と絵本が展示されていました。
日本で発売されていない作品は文字が読めないのが残念。(英語ですらないし)

何となく暗くて幻想的な雰囲気が東欧的だと思ってきましたが、最近はもう絵本作家個人の持ち味で国籍は関係ないのかもしれません。
スロヴァキアで開催されるといっても、作家も審査員も様々な国の人だし。

私個人の趣味としては漫画的で可愛いものが好きだけど、そういうのは一切無いw
どれも芸術的な作品ばかりです。

可愛いかなと思ったのはヨッヘン・シュトゥーマン「ニコとねずみのすてきなせかい」。
これは日本でも発行されているようです。
猫のニコが良い味出してます♪


子供がいたら欲しいなと思ったのはシャニク・コアト「わたしのカバ」。
似たようなのもありそうだけど、洗練されていていいなあと。

日本人では大畑いくの「そらのおっぱい」の絵が結構好きかな。
独特の雰囲気があります。


絵本を読んでも立派な芸術作品だと思いますが、原画と見比べると印刷って素っ気無い。
コラージュの立体感や繊細な色彩などがもっとリアルに表現できていると良いのにと思ってしまいます。


関連して昔のしかけ絵本の展示に続くのですが、これもなかなか充実していました。

江戸時代にも仕掛けのある本が売られていたとは。。
あっておかしくはないのに何故かあると思っていなかったので開眼^^;

とびだす絵本などもあり、実際に触れるものもいくつかあったので、子供も楽しめそうです。


また常設では斉藤義重をやっています。
一時期浦安にいたことがあったそうで、当時の写真の展示などもありました。

作品は前衛的な造形が並びます。
こういう作品について語れるようになるには美術界にどっぷり浸ってみないと駄目そう^^;
でもまとめて作品を鑑賞する良い機会になりました。


「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」
■会場:千葉市美術館(千葉県千葉市)
■会期:2012年9月8日(土)~ 10月21日(日)
■休館日:10月1日(月)
■開館時間:日~木曜日 10:00~18:00/金・土曜日 10:00~20:00


タグ

2012年9月18日

ruru (20:39)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 市川 狂言の夕べ@市川市文化会館 | ホーム | シャルダン展ー静寂の巨匠@三菱一号館美術館 »

このページの先頭へ