江戸の判じ絵~再び これを判じてごろうじろ~@たばこと塩の博物館

渋谷にあるたばこと塩の博物館では「江戸の判じ絵~再び これを判じてごろうじろ~」が開催中です。

121027g.jpg

判じ絵とは江戸時代の娯楽でなぞなぞのようなものです。
例えば上のポスターは「歯」と「逆さの猫」で「はこね(箱根)」となります^^

ガマガエルがお茶をたてて「ちゃがま」
象と金太郎で「ぞうきん」

などなど。
ユーモアに富んでいて昔の人の粋を感じます*^^*

こういった判じ絵は、看板や引き札(チラシ)などに使用して客寄せにも使っていたわけですね~。

多数の判じ絵が展示されていましたが、解説を読まないとさっぱりわからない難問もたくさんありました!
判じ絵だけで長文が書かれた物も多く、難解すぎる。。

そりゃ無理やりすぎるだろって突っ込みたくなるものもありますが、よく考えたなあと感心するものも多い。

展示室は1部屋だけなのですが、皆ガラスケースの前で頭を悩ませていてなかなか進みません^^;
良い頭の体操になりました。

この展覧会、たった100円という安さも嬉しい。
大人も子供も楽しめます^^

意外と良い展覧会をしているたばこと塩の博物館。
気になる展覧会も多々あったのですがなかなか足を運べず、今回ウン十年ぶりくらいに行きました。

常設のタバコと塩の展示もささっと見学。
塩の醸造法やら古いタバコの看板やらの展示があります。

121027h.jpg

意外と狭かったのね。。

この禁煙志向のご時勢にタバコの博物館がどのような道を進むか微妙だなあと思いながら博物館を後にしましたが、いやいや次回の展示も面白そうじゃないですか。

「たくみのたくらみ~きせる・たばこ盆・たばこ入れにみる職人の手技~」
(2012年11月17日(土)~2013年1月14日(月・祝))

昔の喫煙具の細工は凝ってますからね。
工芸好きにはたまりません。
これはまた観に行かなきゃ!

(2012.10.27)


「江戸の判じ絵 ~再び これを判じてごろうじろ~」
■会場:たばこと塩の博物館(東京都渋谷区)
■会期:2012年9月15日(土)~11月4日(日)
■休館日:月曜日
■開館時間:午前10時~午後6時(入館締切は午後5時30分)

タグ

2012年10月30日

ruru (22:30)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 齋藤茂吉と『楡家の人びと』展@世田谷文学館 | ホーム | ジェームズ・アンソールー写実と幻想の系譜ー@損保ジャパン東郷青児美術館 »

このページの先頭へ