中国 王朝の至宝@東京国立博物館

東京国立博物館で開催中の「中国 王朝の至宝」のブロガー特別招待会へ行ってきました!


夜間鑑賞会なので閉館後の開催です。
正門は閉まっていて西門へ回らなければいけなかったのですが、暗くて怖かった・・。
夜の上野にびびりまくり。
それだけ大きな公共施設が集まった地域なんだとしみじみ実感しました。


「中国 王朝の至宝」は日中国交正常化40周年の特別企画展。
色々複雑な思いはありますが、素晴らしい文明があったことは確か。
やっぱりこの目で見たい!


121108f.jpg

(これは昼間の写真)


しかし東博で荷物検査があったのは初めて。
不測の事態に備えているのでしょうか。


121108g.jpg


実は自分では既に鑑賞済みなのですが、常に大混雑の東博特別展の割に空いていた気がします。
皆さんこの時期中国のものを見たくないとかあるのかもしれませんね・・。


121108e.jpg

(皆向かうは出雲展?)


ブロガー特別招待会では東京国立博物館学芸企画部長松本さんがギャラリートークをしてくださいました。

中国大陸では、時代によって色々な国が成り立ち消えていきました。

この展覧会では、同時期の2つの王朝を対比する形で展示が構成されています。


121108l.jpg

(写真は3章の"秦vs漢"です。)


第1章 "蜀vs夏・殷"

四川付近の蜀は金の仮面などが見つかっている金の文化。
しかし文字がなかったため判明していることが少なかったそう。
でも三国志は誰でも知ってますー♪


夏・殷は言わずと知れた中原の青銅文化。
文字があったので夏・殷王朝の方が有名だが、同時期に存在。

この青銅は刷り込まれていますね!
中国=青銅器。
泉屋博古館のボランティアガイドさんのおかげで饕餮文にも詳しくなった私 (*^-^)


121108k.jpg

(蜀:人頭像)


121108h.jpg

(夏・殷:突目仮面)


121108i.jpg

(夏・殷:方鼎)

第2章 "楚vs斉・魯"

楚は木や皮の文化だが、文字がなく謎が多い。

121108j.jpg

(楚:木&鹿の角から成る鎮墓獣)


魯は孔子の故郷。
斉と並んで諸子百家と言われる思想が生まれ栄えた文化。

121108q.jpg

(斉・魯:犠尊)

第3章 "秦vs漢"

初めての統一王朝秦はたった15年で滅び、漢は400年に渡る安定王朝に。
秦は圧倒的に大きく力強く、漢は洗練された様式美の文化。


第4章 "北朝vs南朝"

121108m.jpg


北は北方民族、南は漢民族。

青磁の初めの陶製品やアジア最古と言われるダイヤの指輪など。


121108r.jpg


第5章 "唐"

こちらだけ唐一国で、首都長安と副都洛陽の比較になっています。
華麗な文化が花開いた時期。
色彩豊かで西洋文明や現代の文明に通じる文化。


第6章 "遼vs宋"

契丹族の遼はモンゴル系。
造形を見てもモンゴル系の顔つきとわかる。
金・銀の物が多い。

一方宋は小さな王朝だが、人間の内面を見つめるような文化が始まった頃。

今回特別出品の阿育王塔。

121108n.jpg

(北宋:阿育王塔)

新発見の仏塔で、南京市以外での公開は初めてだそうです。
豪華できらめいていました☆


今回は自分でじっくり鑑賞後のギャラリートークだったので、曖昧に眺めていた展示物の輪郭がはっきりと見えてきて理解が深まりました。
松本さんありがとうございます!
とてもわかりやすかったです。

この展覧会は4000年分の文化を凝縮して知ることができるようになっています。
観るものはたっぷりあるんですが意外と疲れません。
展示物が本当に多種多様で飽きないし、あまり細かい展示物がないのも良いのかもしれません。


会場外には最近人気のガチャガチャもあります。

121108o.jpg


6種類。


121108p.jpg


ブロガー特別招待会のお土産で1ついただくことができました。
なんと、ずるっこで好きなものが選べるという大人のガチャガチャ。
私は"犠尊"を選択。


121108.jpg

(斉・魯:青銅器の酒器)


かわいいー!
ありがとうございました!
東博オリジナルフィギュアと一緒に飾ります*^^*

ガチャガチャもそうですが、音声ガイドもアニメ版があったり子供も楽しく鑑賞できるようになっています♪


(2012.11.8)


「中国 王朝の至宝」
■会場:東京国立博物館平成館(東京都台東区)
■会期:平成24年10月10日(水)~平成24年12月24日(月・祝)
■休館日:毎週月曜日(ただし12月24日は開館)
■開館時間:午前9時30分~午後5時 (入館は閉館の30分前まで)※金曜日は午後8時まで開館

タグ

2012年11月12日

ruru (23:05)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 美術にぶるっ!ベストセレクション日本近代美術の100年展@東京国立近代美術館 | ホーム | 十一月花形歌舞伎@明治座 »

このページの先頭へ