列島の民俗文化@国立歴史民俗博物館

国立歴史民俗博物館こと歴博。

3月19日に総合展示第4展示室「列島の民俗文化」がリニューアルオープンしました。


130322l.jpg


佐倉市立美術館にも行くつもりだったので時間が限られていたのですが、川村記念美術館との間に寄ることに。

ここは一日がかりだとわかっていたのに、ついつい土偶などに魅入って時間が過ぎ・・気づけばまだ第1展示室。


130322m.jpg

130322n.jpg


あわてて第4展示室へ直行。
また来るよ、私の好きな近世よ。。


入り口すぐがおせち料理だったのでびっくり。
確かに最近は買うことも増えているしこういったものも民俗文化の一つなのですね。
想像していた展示内容と違っていて驚かされました。

でもどの家庭も買っているみたいな印象を受けるのはちょっと違和感があるかなあ・・うちは作るからね^^;

その次が観光地とお土産の展示。
ご当地キティなどもありとても楽しいコーナー。

次の展示ゾーンに入ると少しイメージしていた"民俗"らしい雰囲気です。
祭礼や妖怪などについて、写真や模型で解説されています。


130322o.jpg


リアルな?河童に子供がビビッていました。

私は狐の窓の方が怖い(゚Д゚;


アイヌや沖縄の文化などの紹介もあります。
こういうのをもっと子供の頃から学んだ方が良いと思う。
学校ではあまり触れない気がする。

一口に民俗文化と言っても、生活自体や暮らしの技、信仰など奥が深い。
展示物が面白くていくら時間があっても足りません。

私が一番好きなのは郷土玩具なんだけど、これはあまりなかったですね。
ちょっと面白かった輸出用の招き猫。


130322p.jpg


9月23日まで「東日本大震災と気仙沼の生活文化」という特集展示も開催しています。
被災した旧家の復旧など歴博の取り組みが紹介されていました。


結局最後は駆け足になってしまったのでまた行かなくては。
オープンしたばかりなのでこれからずっと観られるわけだし、今回はささっと退散しました^^

買い物は平成19年に東京の昭和館で催された「手塚治虫の漫画の原点 戦争体験と描かれた戦争」図録。


130322s.jpg


中で紹介されている漫画はほぼ全て読んでいた!
過去だけでなく未来の戦争も描いた手塚治虫の「命を大切にする」というメッセージの強さを改めて感じられました。

こんな過去の図録を手に入れられてラッキー♪♪

過去ログ探ったら図録完売となっているけど・・?
>昭和館 これまでの特別企画展

(2013.3.22)


タグ

2013年3月28日

ruru (14:35)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« BLACKS(ルイーズ・ニーヴェルスン、アド・ラインハート、杉本博司)@DIC川村記念美術館 | ホーム | アニメ化40周年ルパン三世展@佐倉市立美術館 »

このページの先頭へ