生誕130年彫刻家高村光太郎展@千葉市美術館

千葉市美術館では生誕130年を記念して「彫刻家高村光太郎展」が開催中です。


130630.jpg


木彫好きとしては、ちらしの蝉にゾゾゾときてずっと楽しみにしていました!
(右の美術館誌表紙は《桃》)


130630c.jpg


高村光太郎はブロンズのイメージが強いですが、木彫作品の展示もあります。
これがまあ精密なこと・・。

《兎》《石榴》《洋犬の首》など彫り筋にため息が出てしまうような私好みの作品が多々ありました。

ブロンズ作品からもその表現力の素晴らしさは感じていましたが、木彫も素晴らしい!


近美に行くといつも惚れ惚れしてしまう《手》。
今回は個人蔵の作品や《腕》など他のパーツの作品展示があります。

著名人の記念像も多々あって、リアルな存在感を感じられるのも面白い。


思っていたよりも展示数が多くて大満足でした。
戦争がなければもっと作品が残っていたと思うと悔しい限りです。


智恵子が入院中に作成した紙絵や所蔵作品の中から関連性のある作品を集めた企画展の共催もあり、随分見ごたえがありました。

智恵子の紙絵は以前菊池寛実記念智美術館で見たことを思い出すなあ。

>>智恵子抄 高村光太郎と智恵子 その愛@菊池寛実記念智美術館

光太郎のフィルムなどもここで見たのだったかな・・?
記憶が定かでないですが、《乙女の像》作成の様子を記録した当時の特集番組などで動く光太郎を見たことが印象深いです。


開催2日目にでかけたので割りと空いていましたが、夏休みに入ってからはどうでしょうか。
彫刻は絵画に比べると人気が落ちるので意外と空いているかも?
もう一度行こうかな・・。


移転して新しくなった"チーバくん物産館"も覗いてみました。
折角大通り沿いに移ったのに、お客さん0。
とにかく地味過ぎるよ(´□`。)°゜


130630b.jpg


なんかもう運営方針と予算を聞きたい衝動に駆られました。。

引き気味にひじきご飯やら鯛味噌やら房総の美味しい食品をゲットして帰路に。

(2013.6.30)


「生誕130年 彫刻家・高村光太郎展」
■会場:千葉市美術館(千葉県千葉市)
■会期:2013年6月29日(土)~ 8月18日(日)
■休館日:第一月曜日(7月1日、8月5日)
■開館時間:日~木曜日 10:00~18:00 金・土曜日 10:00~20:00

タグ

2013年7月 5日

ruru (10:56)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 山口晃展 老若男女ご覧あれ@そごう美術館 | ホーム | レオ・レオニ絵本のしごと@Bunkamuraザ・ミュージアム »

このページの先頭へ