大浮世絵展@江戸東京博物館

江戸東京博物館2014年最初の特別展「大浮世絵展」へ。


140125.jpg


毎年NHK大河連動展だったのに今年は何故か浮世絵。
国際浮世絵学会創立50周年記念の特別展で"浮世絵の教科書"と銘打っており、国内外から浮世絵代表作が集結する気合の入った展覧会です。

浮世絵以前の美人図などの後は時系列に有名作家たちの作品が並びます。

鈴木春信、鳥居清長、歌川広重、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川国芳・・・。
小林清親や川瀬巴水まで江戸から昭和まで浮世絵三昧です。

有名作品が多く色々な画風が楽しめるので浮世絵にあまり興味がない人でも楽しめそう。

作家ごとの展覧会の方がじっくり堪能できるけれど、こうして全体を見通すという楽しみ方もありですね。

(2014.1.25)
「大浮世絵展」 ■会場:江戸東京博物館(東京都墨田央区)
■会期:2014年1月2日(木)~3月2日(日)
■休館日:1月6日・27日、2月3日・10日・17日・24日
■開館時間:午前9時30分~午後5時30分(土曜日は午後7時30分まで、入館は閉館の30分前まで)

タグ

2014年2月11日

ruru (20:40)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 大相撲一月場所@両国国技館 | ホーム | 清水三年坂美術館コレクションを味わう"金工" »

このページの先頭へ