清水三年坂美術館コレクションを味わう"金工"

銀座おとな塾で開催された「清水三年坂美術館コレクションを味わう"金工"」へ。
清水三年坂美術館の村田館長が直々に作品解説をしてくれる上、所蔵品に触らせていただけるという神企画。

昨年"自在置物"に参加し大感動したもののその後の講座は予定が合わず久しぶりに参加できました♪


最初は自在置物。
明珍派の手長海老ですが・・精巧にも程があると言うか・・。
ひげも手も本物のように動きます。
ため息しか出ません!

140201.jpg


確か香川勝弘作だったと思いますが・・精巧な彫りの魚の帯留。

140201b.jpg


駒井音二郎の象嵌も本当に素晴らしかった!
日本の美意識を感じることができる美しい箱。

140201c.jpg

高肉象嵌が見事な印籠。

140201d.jpg

これまた美しい花瓶。

140201e.jpg


正阿弥勝義・・ではなくせっぽうひでとも作らしい菊香炉。
近くで見ると花びら1枚1枚の細工にぞわっとなる超絶技巧です!

140201f.jpg


もう本当に貴重な作品を手にとって鑑賞することができて大感動でした。

140201g.jpg


色々メモした割に作家と作品が一致しなくなったものもあり反省。
でも作品そのものを楽しむということで・・^;

今回実は"根付"のはずだったのですが、館長さんの勘違い?で"金工"になっていました。
誰も終わるまで何も言わず。。
そして文句もなく^^

結局皆こういった工芸なら大満足という人しか集まっていなかったようです。
いいねb

でも私は根付好きなので是非根付もやっていただきたいです。。


(2014.2.1)

タグ

2014年2月23日

ruru (22:52)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 大浮世絵展@江戸東京博物館 | ホーム | 宝塚歌劇 雪組公演『Shall weダンス?』@東京宝塚劇場 »

このページの先頭へ