大江戸と洛中~アジアのなかの都市景観~@江戸東京博物館

江戸東京博物館で開催中の「大江戸と洛中~アジアのなかの都市景観~」内覧会へ行ってきました。

140326.jpg

※博物館より特別な許可を得て写真撮影しております。


アジアの中の都市構造を比較する展覧会で、江戸や京都、中国・朝鮮などの地図や文献・写真などを見比べることができます。
一見地味ですが、これが結構面白い!

ちょっと間違っている世界地図や緻密な都市図に設計図と一つ一つ眺めていると時間がすぐに経ってしまいます。。


最近あちらこちらで見る洛中洛外図とか。

140326b.jpg


今回一押し!新発見の紅葉山東照宮御簾の装飾とか。

140326c.jpg


とっても恰好良かった甲冑とか。

140326d.jpg

見どころはたくさんあります。

地図も小さな物から大きな物まであり、展示の仕方も工夫されていて飽きません。


個人的には甲冑ゾーンにはまり、帰りはショップで『変り兜 戦国のCOOL DESIGN』なる本を購入。
冗談みたいな兜が目白押しでかなり笑えました。


(2014.3.26)

「大江戸と洛中~アジアのなかの都市景観~」 ■会場:江戸東京博物館(東京都墨田央区) ■会期:2014年3月18日(火)~5月11日(日) ■休館日:5月7日および毎週月曜日(ただし、4月28日・5月5日は開館) ■開館時間:午前9時30分~午後5時30分(土曜日は午後7時30分まで、入館は閉館の30分前まで)

タグ

2014年4月 8日

ruru (08:28)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 鳳凰祭三月大歌舞伎@歌舞伎座 | ホーム | バルテュス展@東京都美術館 »

このページの先頭へ