「三井家のおひなさま」@三井記念美術館→「かこさとし展」ちばぎんひまわりギャラリー

2016年は色々と忙しく"ぐるっとパス"の使用ができませんでした。
気づけば期限もあとわずか。

やっと時間ができたので,手持ちの一冊を活用すべくまずは三井記念美術館へ。

2月18日から開催中の「三井家のおひなさま」へ行ってきました。

170224c.jpg

三井家ゆかりの立派なおひなさまや茶道具などの展示がメインの毎年恒例の展覧会です。

おひなさまと言っても、大名家ご出身の奥様が輿入れでお持ちになられたものや特注品など豪華な美術品ばかりで見ていて飽きません。
お道具の細工も素晴らしく、豪華な段飾りは圧巻です。

今回は三井家別荘・城山荘の写真パネルや映像のコーナーもありこちらも面白かったです。

敷地内で作陶されていた城山焼など所縁の美術品も展示されていました。

広大な敷地に豪華な建物、装飾品等さすが財閥!スケールが違いすぎます。

現在は公園になっているようです。
大磯城山公園



その後向かいのコレド室町3内にあるちばぎんひまわりギャラリーで開催中の「かこさとし展」へ。

170224b.jpg

初めて知ったギャラリーですが、コレド室町3の4階無印良品の奥にひっそりとありました。

通りすがりでは気づかないような場所ですが、皆さんご存じなのか結構人はいました。

ちばぎんが千葉県ゆかりの展示をする場所らしく、入場料は無料です。

170224.jpg

千葉とかこさん?と下調べもせずに出かけたのですが、今回はかこさんが小湊鐵道を描いた絵本『出発進行!里山トロッコ列車』の原画展でした。

やさしい風景画と理系の視点がかこさんらしい作品です。

絵本も置いてあるのでしっかり読破。

子供たちも喜んで見ていましたが、意外と大人の方が繊細な描写力に唸っていたような・・。。

やはりかこさんは素晴らしい!三つ子の魂~ではないですが、子供の頃大きな影響を受けたため大人になった今でも特別な絵本作家です。

だるまちゃんやからすたちの複製画などもあって小規模ながらかこさんファンには癒しの空間でした。

(2017.2.24)

「三井家のおひなさま」

■会場:三井記念美術館

■会期:2017年2月18日(土)~4月2日(日)

■休館日:月曜日、ただし3/20祝は開館、翌3/21休館

■開館時間:午前10時00分~午後5時00分(入館は4時30分まで)

「かこさとし展 原画で綴る小湊鐵道沿線の風景」

■会場:ちばぎんひまわりギャラリー

■会期:2017年2月14日(火)~3月20日(月)

■休館日:3/6(月)、3/13(月)

■開館時間:午前10時00分~午後6時00分(最終日は4時まで、入場は30分前まで)



タグ

2017年3月 2日

ruru (00:51)

カテゴリ:旅行・イベント美術館・博物館鑑賞

« 「シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才」@国立西洋美術館 | ホーム | 「画と機」@東京オペラシティアートギャラリー »

このページの先頭へ