MOTコレクション1@東京都現代美術館

清澄白川から徒歩数分の東京都現代美術館へ。

100509.jpg

お天気も良く隣接する木場公園にはたくさんのファミリーが溢れかえっていましたが、美術館の方はパラパラとした人出です^^;

100509b.jpg
(木場公園側からの写真)

今回はぐるっとパス2010で常設展示を見に行きました。
常設といっても度々展示替えがあるようで、今回のは"MOTコレクション1"です。

たまたまボランティアさんのギャラリートークの時間にぶつかったので参加しました。
現代美術ってやつは解釈がいかようにも・・なところがあるので、基本コンセプトを聞くのと聞かないのでは結構印象が変わると思うんですよね~。
毎日14時からやっているらしいのですが、丁度時間が合ってラッキーでした♪

説明を聞きながらまわること小1時間。

「全く現代アートってやつぁ・・」と厭きれたり感心したりの作品群です^^;
想像力・発想力が必要なんですよねえ。

ガイドの方が五感で感じるアートと仰っていましたが、絵画のように見るだけではないのが面白いところですね。

そうそう、ボルタンスキーの「死んだスイス人の資料」は、ビスケット缶に死亡記事写真が貼ってあるアートですが、一番上右から13番目だけは生きている人なんだそうですよ。
死と生のバランスが絶妙ですね。

空間利用が面白い展示でした。
こういった現代アートは通常よりも学芸員さんのセンスが問われる難しい展示なのではないでしょうか。。

また、現在"井上雄彦 エントランス・スペース・プロジェクト"が開催中。
バカボンドの巨大壁画がありました!
こちらは無料の空間に飾ってあるので、興味がある方は立ち寄っても良いと思います。

こちらは入口そばのオブジェ。

100509c.jpg

美術館のパンフレットというのはなく、作品ごとの説明カードが置いてあります。
こういうのもわかりやすくて良いですよね♪

100509d.jpg

MOTコレクションはたったの500円。
企画展のチケットがあればフリーで見ることができるのでかなりお得です!!

あまりにお天気が良かったので、帰りは錦糸町駅まで歩いてみました。
徒歩30分くらい。
丁度良い散歩になりました♪

タグ

,

2010年5月 9日

ruru (17:38)

カテゴリ:旅行・イベント

« 市展@市川市文化会館 | ホーム | 切手趣味週間 »

このページの先頭へ