和ガラス 粋なうつわ、遊びのかたち@サントリー美術館

サントリー美術館で開催中の「和ガラス 粋なうつわ、遊びのかたち」へ行ってきました。

サントリー美術館も六本木ミッドタウンへ引越ししてからはいつも混んでいるイメージだったのですが、夜遅くにいったせいか空いていました!

GWのみの延長時間を狙ったのは正解でした^^v
(普段は18時までなのに20時までだったのです!)

100502f.jpg

江戸時代から明治時代辺りのガラス工芸品展示なわけですが、とっても繊細な細工に見とれてしまいます。

もちろん現在の方がもっと技術が発達しているし、芸術的な工芸品も多々ありますが、今ならプラスチックを使うような代物にもガラスが使われているのが逆に新鮮なのです。

ガラスの櫛や簪を頭に飾ったり、ガラス製の鳥かごや虫かごやらで生き物を愛でるなんてなんだか怖い(笑)
しかし壊れるからこその美学もあり・・。

また当時の形やカットデザインに違和感を感じないのも不思議ですね。
江戸時代の人たちと同様の感性が伝わり続けているんだなあと考えるとなんだか面白いです*^^*

100502g.jpg

(2010.5.2)

タグ

,

2010年5月 4日

ruru (12:20)

カテゴリ:旅行・イベント

« 絵画の美-絵巻・水墨画・琳派@五島美術館 | ホーム | 市展@市川市文化会館 »

このページの先頭へ