ロトチェンコ+ステパーノワ ロシア構成主義のまなざし@東京都庭園美術館

5月末から天気が良く爽やかな日が続いています^^

先日東京都庭園美術館へ行ってきました。
目黒駅から歩いて数分、緑たっぷりの素敵な美術館です♪

100601b.jpg

旧皇族邸なので、昭和初期最高ランクの洋館と言えるのではないでしょうか。

100601.jpg

こちらは入口の狛犬さん。子連れでかわいい♪

100601c.jpg

現在の企画展は「ロトチェンコ+ステパーノワ ロシア構成主義のまなざし」です。

ロシアのマルチアーティスト夫婦の作品展なわけですが、油絵があれば写真もあり、洋服のデザインに舞台美術、建築にポスターデザインなどなど・・。
マルチにもほどがある!

1900年台前半の作家たちですが、今見てなお斬新で最先端。
デザイン性の高さに感服です。

アールデコ調の美術館で実用的な構成主義芸術を見るというのがまた憎い^^

この美術館の建築や装飾を見るだけでも一見の価値有りです。

ただ・・途中にものすごい数の団体客が来てびっくりしました。
どうやらここ、はとバスツアーで立ち寄るみたいなんです!

これには興ざめ・・。
ベンチに座ってやり過ごしたのでまあ良いですが、折角雰囲気がある美術館なのに大騒ぎされるのは残念です。

のんびりくつろげるお庭も付いていてとっても良いところなんですけどね^^

100601d.jpg

(2010.6.1)

タグ

, ,

2010年6月 3日

ruru (23:31)

カテゴリ:旅行・イベント

« 濱田庄司とその系列 その一@石洞美術館 | ホーム | 国立科学博物館付属自然教育園 »

このページの先頭へ