智恵子抄 高村光太郎と智恵子 その愛@智美術館

大倉集古館からすぐのところにあるのが菊池寛実記念智美術館です。

100601o.jpg

企画展が「智恵子抄」だと知っていたので見る予定はなかったのですが、あまりに近くだったので立ち寄ることにしました。

「智恵子抄」が悪いわけではないですが、気分的にへこみそうなので避けたかっただけです^^;

100601p.jpg

100601q.jpg

ああ、このポスターからして胸が痛むような。。

実際の展示は高村光太郎の彫刻作品、智恵子の紙絵(復元)+詩の構成でした。
紙絵はちょっとドキッとするようなものもあればカラッと明るい素敵なものもあり、智恵子の不安定さを感じつつも思っていたほど暗いものではありませんでした。

会場はとても厳かな雰囲気に包まれ、ところどころ光太郎の詩が原本なり印刷なりで配置してあって、「智恵子抄」の世界にどっぷりはまりこめます。

晩年の光太郎の追跡フィルムなども見ることができて興味深かったです。
彼の彫刻作品をこれほどしっかり鑑賞したのは初めてのことですが、小さめの彫刻も多くあり、さすがに巧いなあと感心しきりです^^

詩も素晴らしいし。
智恵子が元気なままだったとしても素晴らしい詩をたくさん書いてくれたのではないでしょうか・・。

気分的には落ちますが・・展示自体はセンスがあって素晴らしかったです!

(2010.6.1)


タグ

, ,

2010年6月 5日

ruru (22:43)

カテゴリ:旅行・イベント

« 爽やかな日本美術@大倉集古館 | ホーム | 徳川家康の遺愛品@三井記念美術館 »

このページの先頭へ