モーリス・ユトリロ展@損保ジャパン東郷青児美術館

「モーリス・ユトリロ展」が損保ジャパン東郷青児美術館で開催中です。

100615b.jpg

ここは西新宿の損保ジャパンビル42階にあるので、景色もとても良い美術館です♪

100615.jpg

"全作品日本初公開"がウリなこともあってか想像していたよりも混雑していました。
自分が特別ファンでないので忘れていましたが、割と人気があるんですよね~ユトリロ。。

私の中では、ユトリロ=建物@パリという固定観念・・。
何となく圧迫感がある印象でしたが、展示に合わせて紹介されているユトリロの人生を見て納得です。

ちょっとアル中位のイメージでしたがこれはひどい。
鉄格子の中で絵を描いて母親と自分より年下の継父を養っていたとか、結婚して良かったね~と思ったらコレクターのものすごい年上女性に支配されているし・・。

貧困や苦悩、不幸な生い立ちなどが作品に影響することで絵に深みが出ることもままあるのも芸術だとは思いますが、ユトリロの場合は違う環境だったらもっと才能を開放できたんじゃないかと思ってしまいました。

奔放な母親の犠牲になったと言えるでしょうが、逆に母親の画家スザンヌ・ヴァラドンに興味が湧きました。
本が出ているようなのでちょっと読んでみようかと。


4890135812シュザンヌ・ヴァラドン―その愛と芸術
ジャンヌ シャンピヨン Jeanne Champion
西村書店 1998-12

by G-Tools

胸が苦しくなる画家紹介と絵を見比べて観覧していたら具合が悪くなってきたほどでしたが、ユトリロばかりで見ごたえはたっぷりの企画展と言えるのではないでしょうか。

1階入口のところでは陶芸家の「鯉江良二展」も開催していました。
結構気軽に展示されていたけど、大丈夫なのかな?^^;
気付かず観ていない人も多かったみたいで勿体ないですねえ。

100615i.jpg


(2010.6.15)


【詳細】>>損保ジャパン東郷青児美術館HP



タグ

,

2010年6月16日

ruru (19:28)

カテゴリ:旅行・イベント

« 猪熊弦一郎展いのくまさん@東京オペラシティアートギャラリー | ホーム | アルフォンス・ミュシャ展@三鷹市美術ギャラリー »

このページの先頭へ