小畠鼎子展@武蔵野市立吉祥寺美術館

三鷹で「ミュシャ展」を観た後は吉祥寺で「小畠鼎子展」を観ることにしました。
こちらもぐるっとパスに含まれていて初めて行ってみることにした美術館です。

山手線以西に行くことが少ない千葉県民ですから♪
吉祥寺も久しぶりでやや迷いつつ到着^^;

100615e.jpg

私が大好きなガラ空き状態です^^v
他に一人か二人・・というのはベストですね、ホント。

100615f.jpg

規模は小さめなので展示数も限られていましたが、絵画はどれも大型です。

明治から昭和にかけての女流画家というだけで尊敬しますね。
この時代女性が芸術を追い求めていくのは困難なこともあっただろうな、と。

あまり好みでない作品もありましたが、ポスターにもなっている『青艶』はさすがに素敵でした。


また、こちらでは浜口陽三と萩原英雄の常設展示を観ることができます。
版画好きなので嬉しい限り。

アンケートに答えたら浜口さんの絵葉書をもらいました♪
この猫の毛が良い~♪

100615h.jpg

これだけ観て100円とはお得ですね~。

(2010.6.15)


【詳細】>>武蔵野市立吉祥寺美術館

タグ

, ,

2010年6月20日

ruru (18:17)

カテゴリ:旅行・イベント

« アルフォンス・ミュシャ展@三鷹市美術ギャラリー | ホーム | 伊藤若冲-アナザーワールド-@千葉市美術館 »

このページの先頭へ