錦絵の美ー国貞・広重の世界@静嘉堂文庫美術館

3連休の初日に静嘉堂文庫美術館「錦絵の美ー国貞・広重の世界」へ行ってきました。

森のようなお庭があるお屋敷跡の美術館です。

100717.jpg



100717b.jpg


100717c.jpg

前期と後期で結構展示物が入れ替わったようですが、現在は既に後期展示になっています。

歌川国貞の美人絵は美人には思えず(笑)
顔が特徴的でどれも同じに見えますが、着物の柄が細やかで素敵です。
女性単体のものより少しでも背景があった方が風俗が想像できて楽しいかなあ。

国貞の絵はもう間違えん!というくらいたっぷり堪能することができました^^

後半は広重。
風景の方が絵として見やすいので落ち着くような気がします。

展示室1室のこじんまりとした展示会でしたが、見ごたえは十分ありました。
人の少なさもノンストレスで良いですね♪

絵を見て緑を見て・・贅沢な週末です。

(2010.7.17)

タグ

,

2010年7月21日

ruru (22:40)

カテゴリ:旅行・イベント

« 鋳金ってなに?@佐倉市立美術館 | ホーム | フェリックス・ティオリエ写真展@世田谷美術館 »

このページの先頭へ