鴨居玲 終わらない旅@そごう美術館

横浜駅前のそごう美術館で開催中の「鴨居玲 終わらない旅」を観て来ました。

そごう自体はバーゲン中で大賑わいでしたが、そごう美術館内は人も少なくひっそりとしていました。
ここまで来ているのに観ない人の方が多いなんて勿体無いなあと思いますが、鑑賞する側としてはその方が嬉しい♪
静かな雰囲気の中じっくりと鑑賞することができました。

100724.jpg

100724b.jpg

さて。
鴨居玲の作品を一度にこれほど多く観たのは初めてですが、とにかく迫力があって圧倒されます。

陰鬱で虚無的。
色彩は暗く、書き込まれない目と口を半開きにした人物たちの表情は、意図的に消されているようでありながら圧倒的な存在感を放っています。

苦しみもがく画家の目を通すことで、描かれた人物たちの退廃的な内面が前面に押し出されてきているようです。

観れば観るほど胸が苦しく切ない気持ちになってきますが、力強い作品の一つ一つに感嘆の声を上げたくなります。

事実鑑賞している人たちの中には「おお・・」「すごい・・」などなどうめき声をあげている人も少なくありませんでした^^;

描かれた人物たちの人生や内面など、絵の向こう側に思いを馳せてしまうような深みのある作品ばかりでした。

気持ちはややへこみますが素晴らしい芸術だと思います。。

個展はあまりない気がしたので図録も購入。

100724c.jpg

美術館の外に一歩出るとバーゲンバーゲン!の別世界(笑)
私もつい感動した気持ちを追いやってお買い物しちゃいましたw

(2010.7.24)


タグ

,

2010年7月25日

ruru (16:49)

カテゴリ:旅行・イベント

« 横浜F・マリノスvsガンバ大阪@日産スタジアム | ホーム | 印象派とエコール・ド・パリ@横浜美術館 »

このページの先頭へ