江戸絵画への視線@山種美術館

山種美術館開館記念特別展Ⅵとして「江戸絵画への視線」が開催中です。
ポスターは岩佐又兵衛「官女観観菊図」。

20100817.jpg.jpg

岩佐又兵衛の作品が色々見れるかなと思いましたが、又兵衛の作品はこの1点だけだったようです。
ちょっと残念。

思っていたよりも酒井抱一の作品が充実しています。
他は俵屋宗達・鈴木其一・池大雅などなど。

前回の浮世絵と違い屏風や掛け軸の展示が多いせいか人の動きもスムーズでノンストレスで鑑賞することができました。
平日だったこともあって物静かな雰囲気で落ち着く!

私が良かったと思った一つは椿椿山「久能山真景図」。
なんだろう。
景色を写生したような絵(真景図なので当然だけど^^;)なんだけど奥行きと人物配置などの構図が良いんですよねえ。

あとは速水御舟の「名樹散椿」。
山種はホント良い作品ををたくさん持っています。
この作品は山種グッズになっていますね。
本物は息も止まるような素晴らしさです。。

暑い中坂道を登るのはぐったりしますが、9月5日までなので何とか頑張って鑑賞しに行って欲しい展覧会の一つです。

(2010.8.17)

タグ

,

2010年8月20日

ruru (15:06)

カテゴリ:旅行・イベント

« ハワイアンロミロミ@クイーンズウェイ | ホーム | 私を見て!ヌードのポートレイト@東京都写真美術館 »

このページの先頭へ