奈良の古寺と仏像~會津八一のうたにのせて@三井記念美術館

今年は平常遷都1300年記念の年なので奈良が熱い!
三井記念美術館では「奈良の古寺と仏像~會津八一のうたにのせて」が開催中です。

100826.jpg

仏像はお寺で観る方が好きですが、こういった展覧会にも360度方向から鑑賞することができる魅力があります。

小さめの仏像から始まり、お寺ごとの仏像展示へ。
間に會津八一の資料などの展示もあります。

なんと言っても印象的だったのは東大寺の五劫思惟阿弥陀(ごこうしいあみだ)如来座像です。
アフロヘアのような頭をされています。。
年に一度のみ参拝できるという秘仏が、今なら毎日日本橋で拝顔することがでるという不思議^^;

>>東大寺HP


また、西大寺の塔本四仏像が揃うのは20数年ぶりだとか。
普段別々の博物館にある仏像が並ぶというのもこういった企画展ならではですね。

時間に余裕があったので、映像もしっかり堪能。
それなりに人はいましたが、混雑というほどでもなくゆっくり鑑賞できました。
ここは最初の展示室はつまるけれど段々流れよく観やすくなっていきますよねえ。
場所のせいか年配の方が多い印象ですが、こじんまりとして雰囲気があるので割と好きな美術館です♪

(2010.8.26)

タグ

, ,

2010年8月29日

ruru (10:25)

カテゴリ:旅行・イベント

« MOE30周年記念フェア@三省堂書店神保町本店 | ホーム | ヘンリー・ムア命のかたち@ブリヂストン美術館 »

このページの先頭へ