絵で見る江戸の夏@国立公文書館

国立近代美術館の「上村松園展」に出かけた際、早く着き過ぎたので隣の国立公文書館へ立ち寄りました。
こちらは公文書や古文書などを保管・管理する施設です。
以前から1度覗いてみたいと思っていたので良い機会でした^^

いかにも国立なたたずまい。 

100910b.jpg

現在はたまたま企画展「絵で見る江戸の夏」が開催中でした。

100910c.jpg


と言っても、かなり小規模な展示・・。
充実したしおりが配布されていましたが・・うーん。

子供向けしおりもありましたが、夏休みの研究なら江戸博とか東博とかに行くべきでしょう(スイマセン)
 
100910h.jpg

なんだかすごく独法ぽい展覧会でした。
公文書の保管が目的であって、展覧会はおまけなんでしょう。
何か目的があって調べに行く場所なんだと思います。

常設展は「暮らしのうつりかわりー明治編ー」として明治時代の公文書が展示されていました。
こちらの方が面白かったですね。
近代化(西洋化?)に向けて色々と制定された時代なので見ごたえもあります。

無料なので国立近代美術館のついでに寄ってみるのも悪くはないかもしれません。
館内自販機のジュースが激安だったことに一番驚きましたがww

(2010.9.10)

タグ

2010年9月15日

ruru (22:50)

カテゴリ:旅行・イベント

« 上村松園展@東京国立近代美術館 | ホーム | 陰影礼賛@国立新美術館 »

このページの先頭へ