東大寺大仏 天平の至宝@東京国立博物館

東京国立博物館平成館にて開催中の「東大寺大仏 天平の至宝」。
先週の話になりますが、初日の朝から行って参りました!

101008b.jpg

場所的にも企画的にもご老人たちで混んでいるかと思いましたが、意外と空いていました。

101008c.jpg


お寺ものは実際お寺へ行って見たいという気持ちがありますが、裏に回ってみたり、上から眺めたりできるのが展覧会の面白さ。
奥まったところに保管されている物が表に出てくるのも嬉しい限りです。

内容としては、東大寺での出土品、仏像、写本などの展示がメインです。
個人的には伎楽面が良かった!!
しわや血管までもがリアルに仕上げられていて、本当に素晴らしい・・。
木彫好きなんで^^

正倉院宝物も見ごたえがありましたが、こちらは期間限定公開のようですね。(11月21日迄)

東大寺大仏と言えば、聖武天皇。
生まれて初めて買ってもらった漫画が学研の聖武天皇だったので、何気に思い入れがあります。
はっきりと覚えているんですよね~、絵柄とか内容とか。
あの辺りから歴史好きになった気がします。

バーチャル大仏というのもあって、8m四方のスクリーンで実物大大仏を体感できるコーナーもありました。
たかが映像・・と期待していませんでしたが、あまりの迫力にびっくりです。
周りの人も歓声を上げていました。
展示方法も近代化されています^^

下の写真はロビーにあった実物大大仏の手。

101008.jpg


人が写っていないと比較になりませんが・・大きいよということで。
誰も注目しておらず、ちょっと寂しげな雰囲気を醸し出していました。。

(2010.10.8)

タグ

,

2010年10月15日

ruru (15:13)

カテゴリ:旅行・イベント

« 造形作家友永詔三の世界 木彫の乙女たち@ニューオータニ美術館 | ホーム | 幕末・明治の超絶技巧@泉屋博古館分館 »

このページの先頭へ