二月花形歌舞伎@ル・テアトル銀座

ル・テアトル銀座で公演中の二月花形歌舞伎へ行ってきました!
初日に第一部・第二部を通しで鑑賞。

110201.jpg

第一部は亀治郎さんが七役早替わりする「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)」。
ポスターが美しいです^^
撮影は蜷川実花さんだそうで。
何となく納得。ぽいですよね。

110201b.jpg

男も女も娘も年増も・・と欲張りな七変化。
衣装替えも見所ですが、やはりその所作をくるくる替えていく演技は圧巻です。
亀治郎さん大変そう・・。

わかりやすいキャラだからかお六が一番好きかなあ。
登場人物が多く割と賑やかな内容で楽しく鑑賞できる演目でした。


第一部が15時過ぎに終了したので、第二部まで少し時間がありました。
会場内は飲食禁止ですが、ロビーはOK。
ロビーで少々くつろいでいたらあっという間でした。
通しで観る人は少ないのか、それとも一度外へ出てしまうのかあまり人はいませんでしたね。


第二部は染五郎さんの「女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく」。
一転して暗い内容というか・・殺しの場面が見せ場という演目です。

殺しの場面の前後は明るい場面も多々あるのですが、ポスターからして陰惨な雰囲気。。
狙ってる感が大分出ているポスター。
新しく色々チャレンジなのか。

110201c.jpg

油まみれの殺しの場面はとても迫力があって息がつまるよう。
見せ場だけあって思っていたより長丁場。
殺人後の場面は今までなかったそうですが、短絡的な態度が狂気を引き立てていて余計良かった気がします。

第二部はかなり良い席だったのでオペラグラス要らず♪
ただ、そのせいかプロンプターの声が若干気になってしまった・・。
難しいものです。

最後に、写りがわるいですがスケジュール。

110201d.jpg

次は三月大歌舞伎!


(2011.2.1)

タグ

2011年2月 4日

ruru (16:06)

カテゴリ:旅行・イベント

« なぜ、これが傑作なの?@ブリヂストン美術館 | ホーム | クーザ(シルク・ドゥ・ソレイユ)@原宿ビッグトップ »

このページの先頭へ