包むー日本の伝統パッケージ展@目黒区美術館

ぐるっとパス2010も4冊目に入りました。
今回初めて目黒区美術館へ。
いつも庭園美術館~松岡美術館~恵比寿方面へと移動してしまうのですが、今回は松岡美術館を見てしまっていたので目黒区美術館の方へ向かってみたわけです。

駅を挟んで反対へ。
それほど遠くはないですね。

1102016e.jpg

現在は「包むー日本の伝統パッケージ展」を開催中です。
内容にも惹かれて^^

1102016f.jpg

入ってみるとびっくりするほど立派な美術館です。
綺麗で新しそう。
やっぱり目黒区は税収があるんだろうなあとか下世話なことを考えながら鑑賞^^;

岡秀行さんというデザイナーの方が収集した国内のパッケージコレクションの展示です。

紙はもちろん、特別な陶器の容器があったり、木で作られていたり、藁で包んだり・・。
紐の結び方一つ一つもいつもと視点を変えて見れば素晴らしいアート作品のよう。

買い物をした際に日本らしいパッケージの造形美に深い興味を持った岡さんの美意識の高さは素晴らしいですね。

途中3D映像なんかもありました。
係りの方に眼鏡を借りて見ます。
展示品が3Dで紹介されるだけなのですが、なんだか結構面白かったです。

ふと寄ったのですが面白い展覧会でした。
やっぱりまめに覗いていかないと出会いを逃がしてしまいますね。



(2011.2.16)



タグ

2011年2月20日

ruru (00:25)

カテゴリ:旅行・イベント

« 20世紀のポスター「タイポグラフィ」@庭園美術館 | ホーム | 仏教伝来の道~平山郁夫と文化財保護@東京国立博物館 »

このページの先頭へ